読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RISING FALCON

のんびり書いていきます。

「北へ。DD」サッポロビール園&サッポロファクトリー探訪

舞台探訪 北へ。WI/DD サッポロファクトリー 風景 趣味

少し前札幌に帰っていた頃に、「北へ。〜Diamond Dust〜」(以下、DD)の舞台を探訪してきたので書いておきます。
やはり地元、しかも自分的にガキの頃から(というか生まれて間もない頃から)馴染み深い所が使われているというのは嬉しいものです。
「北へ。DD」は2003年に発売されたPS2用ソフトで、1999年に発売されたドリキャス用ソフト「北へ。White Illumination」(以下、WI)の続編です。
http://web.archive.org/web/20050818025309/http://www.hudson.co.jp/corp/news/bn1998/9807_2.pdf
↑を見ても分かる通り、「北へ。WI」は地元と組んだゲームによって北海道の魅力を発信し、観光促進に繋げようという意図のゲームです。
今で言う所の所謂「聖地巡礼」による観光促進の先駆けみたいなもんでしょうかね?
しかし、よく考えたら1999年の時点でそれをやるなんて、ハドソンと広井王子はどんだけ目の付け所が良いんですかね……。
 
それでは探訪の写真です。
といっても時間が無くて京子編の一部だけですが(笑)
さて日付は8月15日、テレビで戦没者追悼集会を見た後、13時半くらいに家を出発。
因みに自転車移動です。
実は今回行く場所は実家から自転車で20〜30分くらいで行けてしまうのです。
まずはサッポロビール園へ向かいます。
東8丁目通を南下、環状通を越えてもひたすら南下。
ブックオフ光星店が見えてきたら左折。
さあ遂に到着しました。
 

開拓使館という建物です。
中ではジンギスカンが食べれます。
入口前では来園記念の記念写真撮影をやっていました。
 

開拓使館入口。
ゲーム画像を見る限り前は扉があったようですが、今回行ったら無くなっていました。
 

こちらは隣りのサッポロビール博物館。
こちらはゲームの頃と全然変わってません。
因みに全景はこんな感じ。
 
http://static.panoramio.com/photos/original/93967453.jpg
煙突の写真も撮ろうと思いましたが、上の写真のように改修中(?)だったのでパス。
そろそろビール園を離れます。
東8丁目アンダーパスを通りサッポロファクトリーへ。
 

レンガ館に到着。
ゲームと比べて明らかにツタの成長度合が上がってます(笑)
 

レンガ館前タクシー乗り場左側から入口付近を撮影。
写真左手はゲーム中では冬なので雪が積もっていましたが、夏はビアガーデンです。
 

レンガ館とアトリウムの間にある煙突広場です。
煙突はサッポロファクトリーのシンボル的存在です。
 

アトリウムです。
http://sapporofactory.jp/search-floor/floor-1.html(サッポロファクトリー公式HP)
↑のフロアマップを見るとわかりますが、撮影個所は1階です。
(地下1階が上の写真で見る所の人が一杯いる場所。)
 

先程の場所から右手に周り、ブティックの前辺りから撮影。
 

アトリウム地下1階煙突広場側出入り口近く。
煙突広場から階段を下りた先(この写真この写真参照)です。
 

アトリウム1階奥です。
この右の道を真っ直ぐ行って出口を抜けると構内札幌神社に行けます。
ゲームでは京子の後ろの芝生に木製のヒツジがいるのが見えますが、今はもういません。
因みにファクトリー開業当初から数年前までは木製のキツネやビーバーもいました。
ガキの頃から気に入っていたのですが……。(泣)
 
とりあえず今回のビール園&ファクトリー探訪の記事は以上です。
流石にお盆の終わりのファクトリーは家族連れやらカップルやらが多くてこれ以上撮れませんでした(笑)
今度余市の記事も書きます。
 
【追記】
余市の舞台探訪の記事を書きました。