燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

江の島のマイナー神社③:聖天神社・龍宮神・道祖神

東京・関東巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
 
 

はじめに

今回も前回前々回に続き、江の島のマイナーな神社について。今回は聖天島公園の聖天神社など。
 

聖天島公園



江の島の東部、ヨットハーバーの近くに聖天島公園がある。遊具で遊ぶ子供達と、その辺でくつろぐ猫が主役ののんびりした公園だ。
この場所は元々は聖天島という江の島の横にある小島だったが、関東大震災で隆起したり東京五輪で埋め立てられたりして現在は江の島の一部となった。案内板によれば島の形が歓喜天に似ていることから、(歓喜天の別名である)聖天を冠した島名になったらしい。
聖天島公園に正面から入ると、向かって右側に小山のように盛り上がった場所がある。これが恐らく昔の聖天島なのだろう。
 

聖天神社



公園に正面から入ると右手側に社が見える。これが聖天神社と呼ばれる社だ。御祭神は聖天島なので歓喜天かと思いきや、聖天上人*1という僧が祀られている。社殿内に安置されているのがその聖天上人の像だ。古い文献によれば、昔は聖天上人像は開山堂という建物に安置されていたらしい*2
公園の案内板や社殿横の由緒書曰く、聖天上人は宋の慶仁禅師より江の島に社檀を開くよう告げられ巌窟で千日修業をしていたところ、満願の夜に天女が出現したとのこと。また源実朝*3の帰依を受け、その後に下の宮*4を創建したとされているのだとか。
因みに正式な名称が聖天神社なのかは定かじゃないけれど、藤沢市の市民活動課が1987年に出した『藤沢の地名』でも聖天神社と書いてある*5ので聖天神社で良いんじゃないかと思う。
 

【聖天神社】
住 所:神奈川県藤沢市江の島1-6 聖天島公園
御祭神:聖天上人
末社等:無し
建 立:不明
H P:無し
 

 

龍宮神・道祖神

聖天神社に向かって左側に進むと、龍宮神と道祖神が並んで祀られている。ここについてはいつぞやの記事でも書いたけど、改めて書こうと思う。
 

龍宮神



まず右側が龍宮神。朱い鳥居の向こうに「龍宮神」とだけ書かれた石碑が祀られている。御祭神の詳細は不明*6
 

【龍宮神】
住 所:神奈川県藤沢市江の島1-6 聖天島公園
御祭神:龍宮神
建 立:不明
H P:無し
 

 

道祖神



左側は道祖神が祀られている。こちらについても由緒書等がないので建立年など詳細は不明。
 

道祖神
住 所:神奈川県藤沢市江の島1-6 聖天島公園
御祭神:道祖神
H P:無し
 

 
今回は以上。次回で江の島のマイナー神社は終了予定。
 

脚注

*1:本名・良真。別名・慈覚上人。

*2:『江之嶋記』(間宮雄太郎・編)118頁

*3:源頼朝の子で鎌倉幕府3代将軍。

*4:現在の江島神社辺津宮

*5:『藤沢の地名』(日本地名研究所・編、藤沢市自治文化部市民活動課・発行)83頁

*6:江島神社龍宮は龍神を祀っているので、ここの龍宮神も龍神だろうか。