燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

西淀川区の大和田住吉神社

関西巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧

 

はじめに

今回は2019年に参拝した、大阪市西淀川区の大和田住吉神社について。
 

大和田住吉神社


阪神千船駅で電車を降りる。周辺は至って普通の住宅街だ。
千船駅があるのは佃という地区だ。東京には佃煮発祥の地である佃島という島があるけど、江戸時代にここ佃の漁民が移住したことに由来している。
 

駅の南にある千舟大橋を渡れば、そこは大和田という地区になる。
千舟大橋を渡ってから南西に徒歩3分くらいの位置に、今回の大和田住吉神社が鎮座している。
 

立派な鳥居が建っている。足が赤いのが特徴的だ。
だがその奥に広がる境内の建物は、どれも屋根にブルーシートがかかっているのが目立つ。
 

それもそのはずで、2018年の台風21号で本殿や境内社がダメージを受けたとのことだった*1
 

社殿


いかにも修理中といった感じだ。特に由緒書等も見当たらない。
『大和田郷土史会会報』*2収録の「大和田住吉神社のしおり」という記事によると、社伝に伝わる創建は842年9月19日。
御祭神は底筒男尊・中筒男尊・表筒男尊・神功皇后の四柱であるとのこと。
ただし、明治43年(1910年)に八幡神社を、明治44年(1911年)に皇大神宮を合祀したとのことなので、八幡大神天照大御神も祀られているのかもしれない。
 

稲荷社


境内入口の鳥居をくぐってすぐ左側に稲荷社が祀られている。
先述の通り、屋根にはブルーシートがかかっている。
由来書がないので詳細は不明ながら、稲荷社なので稲荷大神を祀るものと思われる。
 

金毘羅宮


本殿の左後ろには、金毘羅宮が祀られている。
やはり屋根にはブルーシートだ。
ここも由緒書は見当たらない。金毘羅宮なので大物主神を祀るのだろうか?
 

慰霊碑


本殿の右後ろには「和」と刻まれた六角柱の慰霊碑が建っている。
これは先述の『大和田郷土史会会報』によれば、日清戦争日中戦争の際の114柱と、太平洋戦争の際の89柱が慰霊されているらしい。
 

遥拝所


慰霊碑横には「遙拜所」「皇紀二千六百年記念」と書かれた石柱が建っている。
こちらも『大和田郷土史会会報』によると、戦時中に宮城遥拝をするために使われていたらしい。
皇紀2600年ということは、1940年の建立か。
 

【大和田住吉神社
住 所:大阪府大阪市西淀川区大和田5-20-20
御祭神:底筒男尊、中筒男尊、表筒男尊、神功皇后八幡大神?、天照大御神
社祠等:稲荷社(御祭神:稲荷大神?)
    金毘羅宮(御祭神:大物主神?)
    慰霊碑
    遥拝所
建 立:842年9月19日
H P:無し
 

 
今回は以上。
次回は大和田住吉神社近くの白天宮。
 

脚注

*1:なおこの台風21号は、近畿一円に甚大な被害をもたらした。寺社もかなり被害を受けている。

*2:『大和田郷土史会会報二十六号』(大和田郷土史会事務局、2014年)7〜13頁