燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

山倉大神と最新の神様・コロナ神

東京・関東巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
 
 

はじめに

今回は香取市に鎮座する山倉大神とその境内社について。
特に新しく祀られたコロナ神の祠はインパクトがある。
 

山倉大神


香取市山倉に山倉大神*1が鎮座している。
香取市といっても旧・山田町のエリアなので、中心地からは少し離れている。
神社の周囲は緑も多く、気持ちの良い場所だ。
 

境内のマップは上記の通り。
(※画像が粗い場合は、クリックした先で「オリジナルサイズを表示」を選ぶと大きいサイズが表示される。)
 

社殿


社殿の写真は撮り忘れた(暑さで参っていたと思われる)ので、ストリートビューを貼っておく。
 

由緒書によれば、山倉大神の創建は弘仁2年(811年)とのこと。
御祭神は高皇産霊大神、建速須佐男大神、大物主大神の三柱。
香取市歴史的風致維持向上計画』内の『山倉大神の鮭祭りに見る歴史的風致』によれば、明治3年(1870年)の神仏分離以前は「山倉第六天」と称して第六天を祀っていたらしい*2
また、山倉大神の例祭は「鮭祭り」と通称され有名だ。
 
なお、「神社の広場」というHPの検索機能の神社詳細データによれば、先述の御祭神以外に二柱が祀られているらしい。
御神名は記されていないので、その二柱が誰なのかは残念ながら分からない。
また「境内神社」の項目に白幡神社浅間神社、水神社等が書かれているけど、境内のどこにあったのだろう。
もしかすると石祠のうちのどれかなんだろうか。
 

額殿


本殿へ続く参道の途中に額殿がある。
ここは奉納された額や絵馬を掲示するための建物だ。
額殿には神棚が祀られていた。
 

龍神



境内最古の祠がこの龍神宮だ。
延享3年(1746年)建立というから、270年以上前のことだ。
名前からし龍神を祀っているのだろう。
 

疱瘡神とコロナ神


龍神宮の近くには、疱瘡神の石祠二社とコロナ神の石祠が横並びで鎮座している。
どれも疫病を神格化し祀ることで、平癒を願っている。
 


これが疱瘡神の二社だ。
どちらも江戸時代後期の建立とのこと。
 

恐らくこれが日本で一番新しい神様じゃないかと思われる、コロナ神の祠だ。
そもそも片仮名の神名の神様というのは中々珍しい。
今年5月に建立されたこの祠の存在は千葉日報が報じ、Yahooニュースにも載ったので結構話題になったので見たことのある人も多いかと思う。
自分も新型コロナの速やかな収束を願って参拝した。
 

八幡神社・古峯神社


本殿の後方には八幡神社・古峯神社が同じ屋根の下に祀られている。
右の八幡神社は譽田別命*3、古峯神社は日本武尊が御祭神だ。
 

姥神様


姥神様という石祠には姥大神が祀られている。
ただ、由緒書等は見当たらないため詳細は不明。
 

髪塚



かつて戦時中、兵士の妻や母親が武運長久の願掛けとして髪を切って神前に捧げた。
戦後にその髪を納めて後世に伝えるために建立したのがこの髪塚らしい。
 

詳細不明の石祠


髪塚のすぐ傍に石祠があるけど、由緒等は不明。
 

子安明神


境内には詳細は不明ながら、子安明神の社も建っている。
「子安」と付く神社は木花開耶姫命を御祭神とする所が多い印象があるけど、ここはどうなんだろう。
子安なので安産や子育てが御利益だと思われる。
 

前大神宮・詳細不明の石祠


子安明神の横に石祠が二社並んでいる。
左の祠は「前大神宮」と彫られたもので、延享(1744〜1748年)の年号が見えるけども御祭神は不明。
右の祠は全く詳細不明。
 

詳細不明の石祠


子安明神の斜め前に建つ詳細不明の石祠。
側面には安永6年(1777年)の年号が彫られている。
 

詳細不明の石仏


この石仏はかなり風化している。
手に何か持っているので不動明王かとも思うけど、2本の腕以外に背後に更に腕があるのがよく分からない。
 

天満宮


これは菅原道眞公を祀る天満宮だ。
社殿は年季は入っているけど綺麗に保たれている。
勉学の向上を願って参拝した。
 

道祖神





最後に紹介するのは道祖神だ。
道路に面した駐車場の脇には、道祖神の祠が大量に祀られている。
その数は20社以上あるんじゃないかと思う。
看板にもある通り、これほど大量の道祖神の祠が一ヶ所に固まって祀られているのは中々類を見ないとだろう。
 

【山倉大神】
住 所:千葉県香取市山倉2347-1
御祭神:高皇産霊大神、建速須佐男大神、大物主大神、他二柱
社祠等:コロナ神(御祭神:コロナ神)
    姥神様(御祭神:姥大神)
    天満宮(御祭神:菅原道眞公)
    他多数
建 立:811年
H P:無し
 

 

脚注

*1:「やまくらだいじん」と読む。

*2:なお神仏分離以前は山倉山観福寺が別当を務めていたとのこと。

*3:第15代・応神天皇のこと。