燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

2019年に存在した丸の内ラグビー神社(遷座)

東京・関東巡り記事一覧
社寺祠堂巡り記事一覧
 
 

はじめに

今回は2019年に鎮座していた、丸の内ラグビー神社について。
 

丸の内ラグビー神社


多くの国民が日本代表の活躍に沸き立つことになる2019年のラグビーW杯に先立つこと1ヶ月前の8月20日、丸の内にある丸ビル1階に神社が建立された。
その名を丸の内ラグビー神社という。
 


この神社はラグビーW杯に合わせて三菱地所が建立したもので、ラグビーの神社である京都の下鴨神社境内末社の雑太社*1から勧請された。
御祭神は神魂命(かんたまのみこと)で、神魂命の「魂」が「球」に通じるとして御利益は球技上達となっている。
 

ラグビー神社だけあって、絵馬もラグビーボールの形になっている。
 


神社の周りには、栃ノ心関やチコちゃんといった有名人・キャラクターがラグビーボールを持っている像が多数立っている。
ベンチにあるので、並んだ座って写真が撮れるようになっている。
 
https://www.yomiuri.co.jp/national/20201026-OYT1T50072/
さてそんな丸の内ラグビー神社は2019年11月6日が最終日となっていた。
その後どうなったのかと思ったら、上記リンクにあるように釜石市遷座して、釜石ラグビー神社となっているようだ。
 

【丸の内ラグビー神社】
住 所:東京都千代田区丸の内2-4
御祭神:神魂命
社祠等:無し
創 建:2019年8月20日
H P:丸の内15丁目プロジェクト「丸の内ラグビー神社」
 

 

脚注

*1:「さわたしゃ」と読み、神魂命と賀茂建角身命を祀る。