燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

小田急百貨店の豊川稲荷

東京・関東巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
 
 

はじめに

色々と忙しくて超久しぶりの更新になってしまった。
取り敢えず短めの更新。
今回は、来年9月末で閉館する新宿の小田急百貨店に鎮座する、小田急豊川稲荷について。
 

小田急豊川稲荷

小田急百貨店 新宿店本館、2022年9月末で営業終了。約55年間の営業に終止符。解体へ
上記の記事の通り、小田急百貨店新宿店本館が閉館して解体となってしまうとのこと。京王百貨店と並んで新宿西口の顔だったので、再開発とはいえ無くなってしまうのはとても寂しい。
まあ常識的に考えたら、京王百貨店の方もタイミング合わせて再開発するんだろうなという気もするけど……。
 

さてそんな小田急百貨店に、小さな社が建っているのを知らない人も多いんじゃないかと思う。
実は13階のエレベーターホールから、屋上部分に出ることができる。
 


和食料理屋のテラス席の横を抜けて行くと、木の鳥居とこぢんまりした社殿が建っている。
これが豊川吒枳尼真天を祀る小田急豊川稲荷だ。
 

社殿の横には由緒書が掲示されている。
これによれば、1967年(昭和42年)11月の小田急新宿駅ビル竣工の際に、守護神として愛知県の豊川稲荷*1から御分霊を勧請して祀ったとのこと。
 
小田急百貨店が閉館してしまったら、この社はどうなってしまうのだろう。
GINZA SIXの靍護稲荷神社*2のように、再開発後にこの地に建つであろうビルに祀られるのだろうか。
 

小田急豊川稲荷
住 所:東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急百貨店13階
御祭神:豊川吒抧尼真天
境内社:無し
建 立:1967年11月15日
H P:無し
 

 
今回は以上。次回は未定。
 

脚注

*1:千手観音菩薩を御本尊とする円福山妙厳寺。豊川吒枳尼真天はこの寺の鎮守として祀られている。

*2:元々は松坂屋銀座店の屋上に祀られていた。

京都の街角の大日如来の祠

関西巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧

 

はじめに

今回は簡易更新。
京都の街角で見かけた大日如来の祠について。
 

大日如来


今出川通を西へと進む。
上京区総合庁舎の向かい側を越えて行き、大国屋の更にその少し先の細い路地が交差する辺りに、この大日如来の祠がある。
 

祠の扁額には大日如来とだけ書かれている。
中を見ると石仏が鎮座しているのが分かる。
こういった路傍の石仏、それもきちんと祠があるものというと、どうしても地蔵尊の印象が強い。
実はこの祠を見るまで、街角に大日如来が祀られていることがあるなんて知らなかった。
関西では割とあるのだろうか。
 

大日如来
住 所:京都府京都市上京区南兼康町339
御本尊:大日如来
社祠等:無し
建 立:不明
H P:無し
 

 
今回は以上。次回も未定。
 

脚注

大内裏に祀られていた延喜式内社の福長神社

関西巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧

 

はじめに

今回は簡易更新。
京都の福長神社について。
 

福長神社


地下鉄今出川駅6番出口からすぐの福長町というエリアの一角に、福長神社が祀られている。
 

社殿



御祭神は福井神、綱長井神、稲荷神の三柱。
そんなに規模は大きくないが、元々は平安京大内裏神祇官西院に祀られた延喜式内社座摩巫祭神五座*1の内の二座とのこで、大変由緒のある社だ。
由緒書によれば天正2年(1574年)に織田信長上杉謙信に贈った洛中洛外図屏風には既に現在地に福長神社が描かれているとのこと。洛中洛外図屏風は1565年に作られたとされているので、それ以前に神祇官西院から遷座したのだろう。
 

地蔵尊


神社の目の前には地蔵尊が鎮座している。
石像に直接描かれている顔がとても愛らしい。
 

【福長神社】
住 所:京都府京都市上京区福長町
御祭神:福井神、綱長井神、稲荷神
社祠等:地蔵尊
建 立:不明
H P:無し
 

 
今回は以上、次回は未定。
 

脚注

*1:生井神、福井神、綱長井神波比伎神阿須波神の五柱をいう。