RISING FALCON

のんびり書いていきます。

境港・米子の旅 その2:大港神社

境港・米子の旅
その1:水木先生ゆかりの地を巡る

水木しげる記念館近くの大港神社

社殿

f:id:hayabusa8823:20181015041807j:plain
鳥居
f:id:hayabusa8823:20181015041815j:plain
社殿
前回の記事で書いた境港市水木しげる記念館から100メートルも離れていない場所に、この大港神社があります。
御祭神や由緒は境内に特に掲示物などは無かったので、参拝した時点では分かりませんでした。
そのため図書館で1934年に出版された『鳥取縣神社誌』を確認しました。
由緒については、創立年代は不詳ながら社宝に「永享3年(1431年)」記文のものがあるようなので、その頃には存在していたようです。
また、御祭神は以下の11柱です。
・品田和気尊(15代応神天皇八幡神
・大帯姫尊(神功皇后:14代仲哀天皇皇后、応神天皇母)
・比咩大神(宗像三女神多岐津姫命・市杵嶋姫命・多紀理姫命
武内宿禰命(葛城氏・蘇我氏・紀氏などの祖、8代孝元天皇の3世孫)
・亀井能登守安綱(尼子氏家臣)
須佐之男尊伊弉諾尊伊弉冉尊の子、天照大御神の弟)
大己貴命大国主命須佐之男尊の子、出雲神社御祭神)
事代主命大国主命の子)
・清若丸(亀井能登守秀綱の子)
・手島四良三郎(手島四郎三郎:亀井能登守家臣?)
・小磯亦四郎(小磯又四郎:亀井能登守家臣)
清若丸については境港市観光協会のHPの「大同寺」の項目に記述がありました。
小磯亦四郎については、鳥取県立図書館のHPの郷土人物検索 で「小磯又四郎」と検索すると情報が出てきます。
 

随神門

f:id:hayabusa8823:20181015041822j:plainf:id:hayabusa8823:20181015041830j:plain
随神像
鳥居と社殿の間には随神門があり、左右に随神様が祀られています。
 

天満宮

f:id:hayabusa8823:20181015041836j:plain
天満宮
境内社天満宮です(扁額に「天満宮」とあります)。
御祭神は天満宮なので菅原道真公ではないかと思います。
先述の『鳥取縣神社誌』の大港神社の項目には境内神社として「北野神社 祭神 菅原道眞」との記述があるので、この天満宮のことかもしれません。
 

恵比須社

f:id:hayabusa8823:20181015042052j:plain
恵比須社
天満宮の向かい側にある境内社です。
扁額を見ると「恵比須社」とあるので、恵比須尊(=蛭子命または事代主神)が御祭神でしょうか。
 

その他

f:id:hayabusa8823:20181015042056j:plain
境港開港百周年記念のモニュメント
境内には1998年奉納の境港開港百周年記念の石碑とモニュメントがあります。
大きな錨のデザインで、インパクトがあります。
 
 

【大港神社】
住 所:鳥取県境港市栄町133
御祭神:品田和気尊、大帯姫尊、比咩大神、武内宿禰命、亀井能登守安綱、須佐之男尊
    大己貴命事代主命、清若丸、手島四良三郎、小磯亦四郎
境内社天満宮(御祭神:菅原道真公?)
    恵比須社(御祭神:恵比須尊?)
H P:無し
 

 
 
今回は以上です。

境港・米子の旅 その1:水木先生ゆかりの地を巡る(水木しげるロード・妖怪神社・水木しげる記念館)

米子鬼太郎空港

先日、諸々の用事につき鳥取県へ行ってきました。
鳥取県といっても砂丘のある鳥取市の方ではなく、島根県に近い境港市米子市の方です。
まず、羽田空港から米子鬼太郎空港へ。
 

f:id:hayabusa8823:20181015040540j:plain
出迎えの目玉おやじ
f:id:hayabusa8823:20181015040548j:plainf:id:hayabusa8823:20181015040603j:plain
飛行機に跨る鬼太郎と保安検査場ぬりかべ
f:id:hayabusa8823:20181015040555j:plain
ステンドグラス「妖怪たちの森」
米子鬼太郎空港は米子市境港市に跨る空港で、名前からも分かる通るように境港市出身の大漫画家・水木しげる先生の代表作『ゲゲゲの鬼太郎』に因んだものです。
空港内は上の写真のように『ゲゲゲ~』一色になっています。
さて、この日は空港でレンタカーを借りて、ホテルへ直行。
 
 

米子鬼太郎空港
住 所:鳥取県境港市佐斐神町1634番地
H P:https://www.yonago-air.com/
 

 

水木しげるロード

数多もの妖怪たちに出会える道

翌日は午後から境港市にある水木しげるロードへ。
どうやら7月にリニューアルオープンしたらしいので、良いタイミングだった気がします。
 

f:id:hayabusa8823:20181015040610j:plain
水木しげるロード入口
f:id:hayabusa8823:20181015040642j:plain
おさかなロード入口
折角なので水木しげるロードの入口から見て回ることにしました。
因みにこの水木しげるロード入口の正反対側には、おさかなロードという道も伸びています。
おさかなロードの方には水木先生の生家もあるみたいです
 
f:id:hayabusa8823:20181015040646j:plainf:id:hayabusa8823:20181015040651j:plainf:id:hayabusa8823:20181019013732j:plain
f:id:hayabusa8823:20181019013740j:plainf:id:hayabusa8823:20181019013749j:plainf:id:hayabusa8823:20181019013757j:plain
f:id:hayabusa8823:20181019013804j:plain
お馴染みの面子
f:id:hayabusa8823:20181019013825j:plainf:id:hayabusa8823:20181015040655j:plainf:id:hayabusa8823:20181015040700j:plain
がしゃどくろ、べとべとさん、バックベアード
通り沿いには妖怪たちの像が無数に並んでいます。
鬼太郎の仲間などお馴染みの妖怪は当然のこと、有名な妖怪からマイナーな妖怪までその数はなんと177体。
 
f:id:hayabusa8823:20181015041021j:plain
水木しげる先生 執筆中
米子駅前まで歩いていくと、水木先生が鬼太郎たちと戯れながら漫画を描いている「水木しげる先生 執筆中」という像が。
 
f:id:hayabusa8823:20181015041025j:plain
水木しげる氏顕彰像
また、境港駅前公園には、境港市の観光活性化に比類なき功績があったことを讃える「水木しげる氏顕彰像」が建っています。
「なまけ者になりなさい」との言葉が力強いです。
 
 

水木しげるロード
住 所:鳥取県境港市本町~大正町
H P:http://www.sakaiminato.net/c817/roadmap/map/
 

 

妖怪神社

f:id:hayabusa8823:20181015041029j:plain
妖怪神社鳥居
水木しげるロードには、妖怪神社という神社があります。
日本全国から様々な妖怪たちが一同に集う場所とのことです。
祈願をすれば妖怪が御利益を授けてくれるというのは一風変わっていて面白いです。
 
f:id:hayabusa8823:20181015041033j:plain
目玉おやじ清めの水
鳥居の横には「目玉おやじ清めの水」なるものが。
これで手を清めてから参拝するのだそうです。
目玉部分が水に浮いていて、クルクル回るのが見ていて面白かったです。
 
f:id:hayabusa8823:20181015041036j:plain
御神体
妖怪神社の御神体は巨大な黒御影石と樹齢300年の欅だそうです。
この御神体には、神社建立の際に水木先生自身が入魂をしたとのことです。
 
f:id:hayabusa8823:20181015041329j:plain
目玉石
また、境内には「目玉石」なるものがあります。
これは御神体を水木先生が見た際に、「この石に目玉を付けたら良い」といって指示した箇所が偶然剥がれ落ちたため、「目玉石」と名付けられたものです。
 
 

妖怪神社
住 所:烏取県境港市大正町62-1
御祭神:妖怪?
H P:http://yo-kai.net/
 

 

水木しげる記念館

f:id:hayabusa8823:20181015041333j:plainf:id:hayabusa8823:20181015041337j:plain
水木しげる記念館
妖怪神社の次は、水木しげる記念館へ。
水木作品の解説、原画、直筆壁画、世界各地を冒険した際の写真や妖怪たちのジオラマなどが展示されています。
また、水木作品を自由に読めるようなコーナーもあります。
企画展示室では、歴代の鬼太郎アニメの展示などが行われていました。
 
f:id:hayabusa8823:20181015041341j:plain
妖怪庭園
記念館の中庭は「妖怪庭園」となっており、色々な妖怪の置物があります。
僕が見たのは日暮れ過ぎだったので、これ以上ないほど静かで良い雰囲気でした(この日はたまたま開館時間が延長になっていました)。
記念館はやろうと思えば1日がかりで時間をつぶして楽しめそうなので、もし機会があれば改めてじっくり見たいです。
 
 

水木しげる記念館
住 所:鳥取県境港市本町5
H P:http://mizuki.sakaiminato.net/
 

 

お菓子・お酒

妖菓 目玉おやじ

f:id:hayabusa8823:20181015041346j:plain
妖怪食品研究所
f:id:hayabusa8823:20181015041428j:plain
妖菓 目玉おやじ
水木しげる記念館の隣りの妖怪食品研究所で販売されている「妖菓 目玉おやじ」です。
見た目は中々にグロくて食べるのには勇気が要りますが、食べてみると味は甘さが絶妙で大変美味しかったです。
このお菓子を作っているのは彩雲堂という、「若草」を復活させたことで有名な松江の老舗の和菓子屋さんです。
 
 

妖怪食品研究所
住 所:鳥取県境港市本町4
H P:http://www.kenkyujo.jp/
 

 

千代むすび 純米吟醸 強力50 ひやおろし & ワンカップ

f:id:hayabusa8823:20181015041437j:plain
千代むすび 純米吟醸 強力50 ひやおろし
水木しげるロード千代むすび酒造岡空本店があったので立ち寄り。
季節限定商品として「千代むすび 純米吟醸 強力50 ひやおろし」が販売されていたので迷わず購入。
限定に弱い日本人の典型例ですね。
箱も鬼太郎仕様です。
 
f:id:hayabusa8823:20181015041444j:plain
ワンカップ
こちらも千代むすび酒造岡空本店で購入。
鬼太郎のキャラのラベルのワンカップです。
左から順に「鬼太郎純吟」「おやじ極楽純吟」「ねずみ男純吟」「こなき純米」となっています。
飲み比べが楽しみです。
 
因みにこの千代むすび酒造岡空本店、茶房と角打ちも併設されています。
 
 

千代むすび酒造岡空本店
住 所:鳥取県境港市大正町131
H P:http://www.chiyomusubi.co.jp/okasora/index.html
 

 
 

最後に

行く前は境港市が水木先生の出身地だということは知っていたんですが、具体的にどんな所かは全然知りませんでした。
行ってみると強烈な水木先生推しで正直驚きましたが、見応えがあり楽しい場所だと感じました。
 
また、この旅行では境港市米子市で神社なども見たのですが、それはまた次回以降で。
今回は以上。
 
 
≪2018.10.17追記≫
↓次回の記事
境港・米子の旅 その2:大港神社

 


地震

先日の地震には只々驚愕させられた。
よもや北海道であれだけの規模の地震が起きるとは夢にも思わなかった。
地震発生時に私が居た所は札幌市東区だったので、震度は5以上。
また、厚真町鹿沼では震度7を観測したとのこと。
私は2週間ほど前に、まさに鹿沼という地区をドライブがてら通っていたので、震災がもう少し早かったらと思うとゾっとする。
 
幸いなことに私がいた場所は電気が通らないだけで、水道とガスに支障はなかったので、思ったよりは不便を感じなかった。
空が明けてきた頃コンビニに向かうと、薄暗い店内には長蛇の列が。
皆我先にとお茶やカップ麺、或いは充電バッテリーなどを買い求めていた。
気の毒なことに店員さんは汗だくになりながら、レジスターが使えないので何時間も何時間も必死に電卓を叩く羽目になったのだった。
 
スマホを使いNHKや民放の地震番組を見ると、今回の地震の凄まじさが伝わってきた。
厚真町の土砂崩れや清田区液状化、東区の道路陥没、苫東厚真発電所の火災など、これぞ大災害といった情報が矢継ぎ早に飛び込んで来た。
余震も頻繁に起き、また震度5以上の余震が来るのではないかと思うと気が気ではなかった。
 
電気が復旧しなかったあの日の晩は、家や店の明かりは勿論のこと信号機ですらも動いていないので、住宅地は夜の静寂に満たされていた。
私が外に出た瞬間、その頭上を流星が駆け抜けて行った。
頭上にあったのは流星だけではない。
天の川、北斗七星、夏の大三角形白鳥座……数え出すとキリがないほどの、普段気にも留めなかった数多もの輝き。
札幌の夜空にも実はこんなにも星々が煌めいていたのだなあ、と非常時なのに何だか妙に感動してしまうのだった。
 

12周年の御報告

どうも。
まーたここ暫く何も書いてませんでしたね。
とりあえず本日でこのブログ12周年です。
いつぞやの10周年の時は長めに記事を書きましたが、今回は短めで。

最近は様々な出来事があったり、色々な場所に行ったりと何かと忙しくはあったんですよ。
大きい出来事では、入籍したことでしょうかね。
ええ、入籍したんですよ。
このブログを始めた当初は、まさか僕がきちんと人並みに結婚できるなんて微塵も思ってませんでしたからね(笑)。
これから先、生活環境も含めてがらっと変わって行きそうな雰囲気なので、何とかそれを希望に気楽に生きていこうかと思います。
後は上で色々な場所に行ったと書きましたが、その辺も少しずつ更新出来ればと思っています。
 


狸小路散策(さよなら、タイステ狸小路店)

リハビリ

お久しぶりです、hayabusa8823です。
前回の記事で、「ちょこちょこ更新しようかとは思います」とは書いたものの、仕事で気が滅入りっ放しでまったく記事を書けませんでした。
という訳で、やっと気が向いたのでリハビリがてら、この間の土曜日に札幌の狸小路界隈をぶらぶら散歩した時の記事でも書こうかと思います。
 

サッポロ赤星にてラーメン


今回のスタートは狸小路8丁目。
狸小路というとアーケードのイメージがありますが、アーケードがあるのは1~7丁目だけで、8~10丁目は屋根無しとなっています。
 


まずは7丁目の「らーめん サッポロ赤星」へ。
ここは500円で美味いラーメンが食べられるので結構お気に入りです。
今回は醤油らーめんを注文。
岩海苔が良い味を出してます(足りない人は有料で岩海苔の追加注文もできます)。
 

店を出た後は、6丁目方向へ。
この7丁目のアーケードは、ほかの1~6丁目のアーケードと異なり、レトロな外観です。
というのも、昭和57年のアーケード改築で新しくなったのは1~6丁目までで、7丁目のアーケードは昭和37年当時の物がそのまま残っているからのようです。
 

 

7丁目を散策


老舗中古レコード店の「Fresh Air」。
様々なジャンルのレコードを幅広く取り揃えている店です。
いつだったか大分前に、ここで大滝詠一の「Sing ALONG VACATION」を入手しました。
 

もう20年近く前になるでしょうか、確かこの辺りに「支那そばマルキン」「ソルトピーナッツ」という支那そば屋と焼肉屋を同時にやっている店舗があったはずです。
後に桑園の方に移転、その後現在は南2条西8丁目3−1の大光ビルの1階で営業しています。
ここの地鶏支那そばはとても上品な味で絶品なので、オススメです。
また、焼肉の方も抜群に良い肉が揃っているので、これまたオススメ。
 

7丁目のアーケードを正面から。
うーん、レトロ。
 

狸小路市場の思い出


今度は6丁目の「狸小路市場」。
僕が行った時は、どの店もまだやってなさそうでした。
10年位前の話ですが、「ラーメンの鬼」の異名を持つ故・佐野実氏の「支那そばや」がこの狸小路市場にありました。
何回か行って、また行こうと思っている内に無くなってしまったような記憶があります。
 

本陣狸大明神社を参拝



お次は5丁目へ。
5丁目のウインズの所には本陣狸大明神社という神社があります。
ここは全国でも珍しい、狸を祀った神社です。
社に書かれている「本陣狸大明神社縁起」によると、昭和48年に狸小路100周年と、第20回狸まつりを記念して建立された神社のようです。
祀られているのは四国は松山の隠神刑部の系譜に連なる本陣狸大明神と、その妻で證誠寺の狸囃子で有名な証和大明神の系譜に連なるかずさ御前。
この祭神夫妻の媒酌は当時の板垣武四札幌市長が行ったというのは中々にユニークです。
また、狸水かけ地蔵というお地蔵さんも祀られています。
触れると部位により、学業、合格、恋愛、安産、名声、交通安全、金運、回春の御利益があるとのこと。
ところで本陣狸大明神社、かつては登別市鷲別の新和デパートという所にもあったようなのですが、調べた所デパートの解体に伴い神社も解体されてしまったようです。
 

 

さよなら、タイステ狸小路




さて、今回の散歩で一番ショックだったのがこれ。
狸小路3丁目にある「タイトーステーション札幌狸小路店」が10月いっぱいで閉店とのこと。
中学・高校時代から散々通ったゲーセンだったので、とてもショックでした。
進撃の巨人』Tシャツが景品だった時に、結構獲った(観光客の中国人の兄ちゃんにも頼まれて獲った)のが思い出です。
タイステ狸小路のHPによると、今回の閉店は近隣の再開発に伴うものとのこと。
まあ、狸小路2丁目にも新しいタイステがあるのでまだ救われた気がしますが。
 

3丁目~1丁目をぶらぶら


狸小路3丁目のセブンイレブンの上にある「学生服の赤塚」の看板。
何というか、『VOW』に載ってそうなキャラクターです。
ぶっちゃけ、「たこぶえ」に通じる何かを感じます。
 

ここには前まで、地下に「KING KONG」という中古レコード屋さんがありました。
ピアニストの三柴理筋肉少女帯加入前に組んでいた、新東京正義乃士というバンドの「不滅への挑戦」というレコードはここで買いました。
 
<2018.01.06追記>
先日気付いたんですが、KING KONG復活してました。
それもほぼ同じ場所で。
ビックリしましたが、嬉しい限りです。
 

ライブハウスの「mole」。
高校時代に友人のバンドがここでライブを演ったのを見に行った覚えがあります。
その隣は先述の「タイトーステーション札幌狸小路2丁目店」。
 


2丁目の地下には、現在駐輪場が整備されています。
これで多少は街中の歩道の駐輪が減るんでしょうか。
 

少し前にリニューアルした「ラーメン山岡家南2条店」。
恐らく山岡家の中では一番美味しいような気がします。
 


狸小路1丁目。
佐世保バーガーLOGKIT」もあります。
美味いです。
 


1丁目を抜けた先には創成川公園。
更にその向こうは二条市場です。
今でも観光客は二条市場に行くのでしょうか。
 

丸井今井南館のコンサドーレ神社


さて、最後に狸小路を離れ、近くの丸井今井南館へ。
<丸井今井札幌本店>来年秋に南館の閉館検討(毎日新聞)
↑のような記事もつい最近出ていましたが、ジュンク堂とかはどうなるんでしょうね。
 



丸井今井南館の5階にはコンサドーレ札幌のグッズショップがあり、その一角に「コンサドーレ神社」なる神社があります。
由緒書等は無いので、誰が祀られているのかは不明です。
来年もチームが好調であるように祈ってきました。
 

コンサドーレ札幌のグッズショップの隣には、日本ハムファイターズのグッズショップもあります。
その一角にはこんな鐘が。
勝利の鐘的な物でしょうかね?
取り敢えず来年の日本一を願って鳴らしてきました。
 

 
 
この後は家路へと就きました。
という訳で今回の更新は以上。
 


予告、それと相互リンクの追加

大変にお久しぶりです。
昨年の6月以来の更新でしょうか。
本当は「君の名は。」や「魔法先生ネギま!」の舞台探訪の件とか、珍品ゾイドを組んだ件とか、それ以外にも書きたいことは山程あったのですが、ちょっと現在の仕事が忙しくて気が滅入ってしまったりして全然書く気力が起きませんでした。
そもそもにして誰がこのブログ見てるんだ感はあるんですけども。
まあ、とりあえずリハビリも兼ねてちょこちょこ更新しようかとは思います。
 
さて、相互リンクが2件追加されました。
どちらも大学時代の友人のブログです。
 
ヒッポドローム
競馬関係の話題が多いブログです。
 
頭狂メトロ煩臓悶線
謎のこじつけを得意とするブログです。
 
 
さて、とりあえず今回の更新は以上。


ウェルカム 俺 東京に

下らん大人にだけはなるなよ

本日はビートルズが来日して50年だそうで。
50年経っても色褪せないどころか新たなファンを生み出し続ける音楽ってのは凄いものですね。
 
さて、6月24日~26日の間、東京に遊びに行っていました。
大学卒業以来3ヶ月ぶりの東京です。
たった3ヶ月しか経っていないのに、この3ヶ月間は妙に長く感じました。
やはり大学時代がやたらと楽しかったからですかね……。
まあ、そう思う度にドラマ版「アオイホノオ」最終話のバイク屋のオヤジ(演・島本和彦)の
「学生時代は良かったなあ……などと振り返る様な下らん大人にだけはなるなよ!!!!」
という台詞が頭をよぎるのですが。
 
 

24日

飛行機で東京へ

この日搭乗予定の飛行機は朝の便だったこともあり、朝6時には起床。
JRで新千歳空港へと向かいました。
空港では後輩にお土産を色々買って行こうと思っていたのですが、手荷物を預けるカウンターが物凄く混んでいたのであまり買えず。
機内に搭乗してからは『ラヴクラフト全集』の2巻を読んでいたのですが、『クトゥルフの呼び声』読了後に爆睡。
気付いたら羽田空港に着陸していました。
 
f:id:hayabusa8823:20160624141712j:plain
f:id:hayabusa8823:20160624141723j:plain
f:id:hayabusa8823:20160626113130j:plain
羽田についてからは、まず真っ先に宿泊先のホテルに向かいチェックインすることに。
泊まったのは六本木一丁目駅すぐ傍のANAインターコンチネンタルホテル東京でした。
今回は六本木一丁目駅から向かいました。
泉ガーデンタワーアークヒルズは就活の時期等によく来たので、懐かしい感じでした。
 

 

タピオカスイーツは美味い

f:id:hayabusa8823:20160624154748j:plain
f:id:hayabusa8823:20160624163233j:plain
f:id:hayabusa8823:20160624163634j:plain
荷物を置いた後は彼女さんと一緒に飯田橋のサクラテラスへ。
春水堂という台湾が本店のタピオカミルクティー発祥の店へ。
「タピオカフルーツ豆花」と「タピオカライチ紅茶」を注文。
豆花というのは台湾の伝統的豆乳スイーツらしいです。
甘すぎず、タピオカとも合っていて中々に美味しかったです。
ライチ紅茶の方もタピオカとの相性は抜群でした。
 

 
 
さて、春水堂を出た我々は母校の大学へ。
卒業まで所属していた趣味系のサークルへ顔を出してきました。
皆元気そうで何より。
  
f:id:hayabusa8823:20160624201543j:plain
夜はサークルの先輩や同期、後輩と神楽坂の鉄人というお店で焼肉。
このお店、大山倍達力道山鉄人28号など様々な「鉄人」な人物やキャラのシルエットが至る所に描かれていて面白いです。
 
<2018.08.15 追記
どうやら現在は閉店してしまったようです。
もう一度行きたかったな……。
 

 

夜の六本木

f:id:hayabusa8823:20160625004340j:plain
f:id:hayabusa8823:20160625005128j:plain
帰りは遅くなったので六本木駅から歩いてホテルに帰ることに。
六本木ヒルズや六本木交差点の辺りは大学時代に諸々の理由によりかなり頻繁に訪れていたので、物凄く懐かしかったです。

(そういえば「じょしらく」の舞台探訪でもこの辺りは訪れましたね。)
 
f:id:hayabusa8823:20160625004812j:plain
f:id:hayabusa8823:20160625004818j:plain
ところで、六本木交差点から六本木一丁目に向かう途中に寄席坂という坂を発見。
変わった名前だなあと思いましたが、解説を読むと明治~大正にかけて坂の途中に福井亭という寄席があったんだとか。
全然知りませんでしたねえ。
 

 
 
f:id:hayabusa8823:20160625005825j:plain
静寂に包まれた誰もいないアークヒルズのサントリーホールの辺り。
こんな時間にこの場所を訪れたのは初めてでした。
少し行った六本木交差点は眠らない街なのに、この六本木一丁目のあたりは比較的静かなのは何となく不思議な感じもしました。
 

 

25日

この日はお出かけ

朝から彼女さんと池袋へ。
色々と満喫した後、夕方からは大学時代に兼サーしていたバンドサークルの同期と飲み会。
新宿とかで飲んでました。
 

26日

裏秋葉原へ

f:id:hayabusa8823:20160626125640j:plain
f:id:hayabusa8823:20160626122616j:plain
f:id:hayabusa8823:20160626124346j:plain
この日は彼女さんと秋葉原へ。
「PIZZA BAR 裏秋葉原」というお店でランチ。
この店、運営してるのはニトロプラスだったりするのが面白いです。
前菜もピザも、とても美味しかったです。
この味でこの値段なら文句の付け様なしです。
 

 

ガルタイガー購入、そしてリターン

その後午後からは先述の趣味サークルの同期と合流し秋葉原散策。
まんだらけでゾイドのガルタイガーを購入してしまいました。
 
そして夜には羽田空港からまた北海道へ。
こうして忙しない東京旅行は終了と相成りました。
また金貯めて行こうかなあ。