燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

八坂神社の前身・元祇園梛神社と延喜式内社・隼神社

関西巡り記事一覧
社寺祠堂巡り記事一覧

はじめに



天道神社から猪熊通を北に向かい、四条通を西へ向かう。
嵐電四条大宮駅を越えて更に真っ直ぐ進むと、元祇園梛神社と隼神社が並ぶ境内が見えてくる。

祇園梛神社/隼神社

祇園梛神社




祇園梛神社は素盞嗚尊(牛頭天皇)を祀り、更に稲田姫命・宇賀御魂命・瓊々杵命・伊弉冉尊・菅大神・誉田別尊蘇民将来を配祀する。
御利益は厄除と縁結びとのこと。

創建は平安時代貞観11年(869年)。
京で疫病が広がった際に播磨国広峯から牛頭天皇を勧請した際に、神輿を梛林に祀ったことに始まる。
「元祇園」の名の由来は、この地から八坂へと遷座して祇園社(現在の京都市東山区の八坂神社)となったと伝わっていることに由来する。
なお、この八坂への遷座の際に楽を奏でて傘と鉾を立てたのが祇園会すなわち祇園祭の発祥ともされている。

因みに牛頭天皇素戔嗚尊と習合された祇園精舎の守護神で、初め播磨国石浦に現れ、後に播磨国広峯(現在の姫路市広峯神社)に鎮座したと伝わる*1 *2

なお、昭和9年(1934年)に出版された『京都神社誌』の梛神社の項目には「明治六年壬生寺境内の六所明神を廃し、其神霊を配祀し」との記述がある*3
しかし現在の壬生寺の一夜天神堂内には鎮守として六所明神が祀られているため、どこかのタイミングで戻されたのかもしれない*4

隼神社



隼神社は武甕槌神(隼大神)を祀り、経津主神塩土神・手力男神を配祀する。
御利益は厄除・病気平癒・勝負・スポーツ関連とのこと。


掲示によれば創建は平安時代初期の延喜式内社で、大正7年(1918年)に蛸薬師坊城から遷座した。
現在では壬生御所ノ内町の蛸薬師通と坊城通が交差する辺りに隼神社旧蹟碑が立てられている。
なお先述の『京都神社誌』によれば創建は雄略天皇の御代(5世紀)とされているが典拠は不明*5

田中神社



田中神社は摂社で、地主神を祀る。
掲示によれば厄除の御利益があるようだ。

稲荷社



こちらの稲荷社も摂社で、上川稲荷大神を祀る。
掲示によれば御利益は商売繁盛と芸能上達だ。

【元祇園梛神社/隼神社】
住 所:京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町18-2
御祭神:(梛神社素戔嗚尊 外7柱
    (隼神社)武甕槌神 外3柱
社祠等:田中神社(御祭神:地主神)
    稲荷社(御祭神:上川稲荷大神
創 建:(梛神社)869年
    (隼神社)平安時代初期
H P:元祇園 梛神社

脚注

*1:『廿二社本縁』(塙保己一編『群書類従・第ニ輯 神祇部』(群書類従完成会、1959年訂正3版)207頁)

*2:二十二社註式』(塙保己一編『群書類従・第ニ輯 神祇部』(群書類従完成会、1959年訂正3版)236頁)

*3:藤田由章『京都神社誌』(社寺研究会、1934年)55頁

*4:壬生寺HP「境内」参照。

*5:藤田、前掲書、54頁