燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

稲荷山③:国学者を祀る東丸神社と路地の神様

関西巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
稲荷山記事一覧記事一覧
 
 

はじめに

今回は東丸神社と少し離れた所にあるお塚について。
今までの稲荷山の記事はこちら
 
今回のマップは以下の通り。(※画像が粗い場合は、クリックした先で「オリジナルサイズを表示」を選ぶと大きいサイズが表示される。)

 

東丸神社


伏見稲荷大社の外拝殿のすぐ傍に東丸神社と書かれた神社が建っている。伏見稲荷境内社かと思う人が多そうだが、実は違う。確かに元々は明治時代に官幣大社稲荷神社(現・伏見稲荷大社)の摂社として建立されたが、現在は独立して伏見稲荷とは無関係となっているのだ。
 

社殿



 
東丸神社は荷田東丸命(名は春満とも表記)を御祭神とする神社だ。
国学の四大人*1の一人である東丸大人は本名を羽倉信盛といい、磐城王*2の流れとされる荷田氏の後裔を称する伏見稲荷社家の羽倉氏の出身だ。ただし、羽倉信詮の代で秦姓の秡川氏からの養子となっているようなので*3 、血筋は秦氏後裔ということになるだろうか。
 

春葉殿


社殿の横には、荷田社と春葉殿の二つの社が並んでいる。
春葉殿は本殿と同じく荷田東丸命を御祭神とする。
春葉殿という名は東丸の著作の『春葉集』から採ったものだろうか。なお社殿内には東丸の像が安置されている。
 

荷田社



荷田社は荷田氏遠祖の荷田殷、嗣、早、龍*4の四柱の霊を祀っている。
荷田殷は和銅4年(711年)の伏見稲荷創始の際の地主だったとされている*5
また荷田龍は地主神として弘法大師の稲荷伝説にも登場するなど、伝説的な人物でもあるようだ。
 

その他



境内には色鮮やかな千羽鶴が奉納されていた。余りにも綺麗だったので、つい撮ってしまった。
 

【東丸神社】
住 所:京都府京都市伏見区深草薮之内町36
御祭神:荷田東丸命
社祠等:春葉殿(御祭神:荷田東丸命)
    荷田社(荷田殷、嗣、早、龍の四霊
建 立:1883年
H P:https://www.azumamaro.com/
 

 

路地の神様


東丸神社の東側に細い路地が伸びている。突き当りを左へ進んだその先の道路に出た辺り、そこから少し行った路地にポツンと1つお塚が鎮座している。
お塚とは、稲荷山に無数にある神名を刻んだ石碑のことで、稲荷塚とも呼ばれる。その多くは、信仰する者が稲荷大神を讃えて各々好きな神名を付けて祀ったものとされる。稀に権太夫大神や経王大菩薩など、稲荷大神以外の神様仏様が刻まれている時がある。
この塚には三柱の神名が刻まれている。右から照千代大神、豊光大神、堂玉大神だろうか。(堂玉大神については一文字目が「堂」か自信がないが……。)
それにしてもどうしてこんな所にあるのだろう。こんな路地の横の地面に直置きされているのは他に見たことが余りない。
由来などの詳細も不明だ。
 

【照千代大神、豊光大神、堂玉大神 】
住 所:京都府京都市伏見区深草藪之内町23-5
御祭神:照千代大神、豊光大神、堂玉大神
建 立:不明
  

 
さて、今回は以上。
次回は伏見稲荷末社など。
 

脚注

*1:江戸時代の国学者である荷田東丸、賀茂真淵本居宣長平田篤胤の四人の総称。

*2:雄略天皇の長男で清寧天皇の兄。

*3:伏見稲荷大社年表』(伏見稲荷大社御鎮座一千二百五十年大祭奉祝記念奉賛会・編)72頁

*4:別名を「龍頭太」や「龍頭太夫」という。

*5:伏見稲荷大社年表』72頁