燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

サッポロスプリングス資料 その3:その他諸々

サッポロスプリングス資料記事
その0:サッポロスプリングス、その後
その1:サッポロファクトリー オフィシャルガイドブック SAPPORO FACTORY MOOK
その2:デザインの現場 1993年 4月号増刊
その3:その他諸々
その4:追加分

 

はじめに

前々回前回に続き、サッポロスプリングス(以下、SS)が載っている資料の話です。
今回は様々な書籍(主には旅行ガイドブック)の中のについてです。
 
 

マップルマガジン 86 家族でおでかけ 札幌圏 1994~95年版

f:id:hayabusa8823:20190204005120j:plain:h170:w140
出版社: 株式会社昭文社
発行日: 1994年7月15日

掲載頁:P.6

まず紹介するのは昭文社から出た『家族でおでかけ 札幌圏 1994~95年版』です。
公式のHPを見る限り、現在北海道エリアでは発行されていないようですね。

6頁

さて、この本は1994年発行ということで、冒頭では「話題沸騰 北の国の注目!! スポット」との見出しでサッポロファクトリーの大特集が組まれています。
6頁にSSの記事が載っていますが、掲載されている写真は大プールと露天国の2枚です。
この写真は第1回目の記事でも書いた『SAPPORO FACTORY MOOK』に載っているものと同じですね。

その他

この本はSSについて以外の部分についても中々面白いです。
例えばサッポロファクトリー特集の中でも「天体工場」*1や「クリスマススクエア」*2の記事では『SAPPORO FACTORY MOOK』にも載っていない写真なんかも掲載されています。
 
また別の特集記事では「ニュースポット大特集」として1994年オープンのレジャースポットが取り上げられています。
掲載されているのは厚岸町の「コンキリエ」、江別市の「セラミックアートセンター」、千歳市の「サケのふるさと館」(現・千歳水族館)です。
 
後は、今は亡き「ファンタジードーム」*3や「石炭の歴史村」*4なども載っていて懐かしい限りです。
 
 

作品選集1994-1995 建築雑誌増刊 第110集 第1369号

f:id:hayabusa8823:20190207224353j:plain:h170:w140
出版社: 社団法人日本建築学
発行日: 1995年3月15日

掲載頁:P.47

次は日本建築学会が発行した『作品選集1994-1995 建築雑誌増刊 第110集 第1369号』です。
『作品選集』は毎年発行される雑誌で、選考を経て取り上げられた高水準な建築作品が多数掲載されています。

47頁

SSの写真は47頁のサッポロファクトリーの紹介の中にあります。
「奥の郷」*5の辺りから「クアミッド」*6越しに大プール方面を写した写真です。
「クアミッド」のピラミッド部分の作りがよく見える貴重な写真だと思います。
 
 

JTBドライブガイド 1 北海道

f:id:hayabusa8823:20190208040641j:plain:h170:w140
出版社: JTB 日本交通社出版事業局
発行日: 1995年1月1日

掲載頁:P.63

JTBから出版された北海道の観光ガイドです。

63頁

SSの写真は63頁のサッポロファクトリーの記事中にあります。
「露天国」の写真が載っていますが、『SAPPORO FACTORY MOOK』のものと同一です。
 
 

マップルガイド 2 札幌 小樽・函館

掲載頁:P.34

次は昭文社から出版された『マップルガイド 2 札幌 小樽・函館』です。

34頁

サイズは大変小さいですが、大プールと「ラウンジTOMPA」の写真が載っています。
どちらも撮り下ろしの写真でしょうか。
「ラウンジTOMPA」の写真は中々レアですね。
 
 

るるぶ情報版 2 '96~'97るるぶ 札幌小樽

掲載頁:P.1、20

続いてJTBから出た『'96~'97るるぶ 札幌小樽』です。

1頁

まず表紙をめくるとサッポロファクトリーの広告が載っています。
掲載の大プールの写真は『SAPPORO FACTORY MOOK』と同じ。
それよりも注目なのはこの本が出版された1996年6月時点で「ミニワールドミュージアム*7がオープンしている所でしょうか。

20頁

こちらのSSの写真も1頁と同じものです。
 
 

るるぶっく 札幌で遊ぼ♪

掲載頁:P.11

これもJTBから出た、『るるぶっく 札幌で遊ぼ♪』。

11頁

この本、何とSSの写真が4枚も掲載されています(サイズは小さいですが)。
しかも大プールの写真2枚と「奥の郷」の写真が2枚。
「カゲユ」*8の入浴中の写真なんてこれ以外で見かけたことがないです。激レア。
 
 

マップルマガジン K1 家族でおでかけ 北海道 '98-'99

f:id:hayabusa8823:20190208061900j:plain:h170:w140
出版社: 株式会社昭文社
発行日: 1998年6月15日

掲載頁:P.75

一番最初に紹介した『家族でおでかけ』の1998年度版です。

75頁

SSの写真は3枚掲載されています。
「露天国」の写真のみ『SAPPORO FACTORY MOOK』と同一のものですが、大プールと「ラウンジTEO」の写真は恐らく撮り下ろし。
大プールの写真はよくある「クアミッド」側から撮ったものではなく、キッズプール側の高い所(管理用のキャットウォーク的な場所か?)から撮影されたものです。
あと「ラウンジTEO」については、僕の記憶からも抜け落ちていたので写真があるのが驚きでした。
 
 

旅・王・国 2 札幌・小樽 登別

掲載頁:P.64

最後は昭文社より出版された『旅・王・国 2 札幌・小樽 登別』。
上のリンクにあるamazonでは1997年1月に出た(恐らく)2版1刷が販売されているようですが、僕の手元にあるのは1998年7月に出た2版12刷です。

75頁

残念ながら、この本にはSSの写真は掲載されておらず記述のみ。
1998年頃になると、営業時間は平日が13~24時、土日祝日が10~24時に変わっていたようです。*9

余談

この本で一番興味深いのは、SSが載っている頁の隣り(76頁)に載っている「札幌テルメ」の所に「休業中」と書かれていることでしょうか。
何故休業中の施設が掲載を?と思いましたが、この本の2版1刷が出たのが1997年1月。
1997年といえば北海道拓殖銀行が破綻した年です。
札幌テルメは運営会社が拓銀破綻の煽りを受けて潰れたことで、施設が閉鎖されています。
恐らくこの本が最初に出た時はまだ営業していたが、後に閉鎖になったために後の刷で「休業中」と書き加えられたのではないでしょうか。
ところで僕は閉鎖になった後のテルメがどんな状態だったのか気になって見に行ったことがありますが、窓ガラスは割れていて外見からしてまさに廃墟と化しており、大変ショックだったのを覚えています(後にガトーキングダムとして復活した際にはとても嬉しかったですね)。
 
 

終わりに

さて、今回は様々な書籍の中のSSについて紹介しました。
もしまた何かしらのSSについての記述を発見したら、追記したいと思います。
今回は以上。
 
 

脚注

*1:レンガ館2階と三条館2階を結ぶ連絡通路の途中の旧機械室及び旧麦芽倉庫跡に、星を造り出す工場をコンセプトとした大変に幻想的な施設があった。現在の「ソプラティコ ファンタジースクエア」の位置。

*2:レンガ館2階にあった、年中クリスマス商品を売っていたお店。現在の「小さな結婚式 札幌店」の位置。

*3:苫小牧駅前にあった屋内遊園地。現在、建物はMEGAドンキホーテとなっている。

*4:「バリバリ夕張♪」のCMソングでお馴染みの、夕張にあった遊園地。現在は石炭博物館のみ営業中。

*5:SSの一番奥の温泉エリア。詳しくは第1回目の記事を参照。

*6:ピラミッド型のジェットバス。詳細は同上。

*7:レンガ館(確か天体工場の跡地)にあった、世界14ヶ国の景色をミニチュアで再現した施設。

*8:「奥の郷」にあったこじんまりとした浴槽。衝立付きで、寛いで入浴することが出来た。

*9:オープン当初は、1~6月・9~12月の平日:11~24時/土日祝日・夏休み:10~24時、7~8月の平日:11~26時/土日祝日・夏休み:10~26時だった。