RISING FALCON

今の内に道内をブラブラと。

サッポロスプリングス資料 その1:SAPPORO FACTORY MOOK

サッポロスプリングス資料記事
その1:サッポロファクトリー オフィシャルガイドブック SAPPORO FACTORY MOOK
その2:デザインの現場 1993年 4月号増刊
その3:[Coming Soon......]

 

はじめに

2009年に書いたサッポロスプリングスについての記事に今でも割とアクセスがあるんですが、サッポロスプリングス(長いので以下"SS"と省略)のことを皆さんそんなに覚えているんでしょうかね?
(※2009年の記事については先日追記をしました)
しっかし、本当に良い施設でしたよねえ。
幻想的で非日常な雰囲気もありつつ、ファミリーでも気軽に楽しめるという素晴らしさ。
細部まで凝ったデザインも素敵でした。
僕は昔からサッポロファクトリーが大好きなのですが、それは子供の頃に体験したSSと天体工場(かつてレンガ館2階に、星を造る工場をコンセプトとした美しい施設があった)に因る所が大きい気がします。
いつまでも忘れられないんですよ、あの光景。
 
まあ、兎にも角にも需要があるのかは分からないですけれども、SSについて僕が把握できている範囲で、情報が載っている書籍について紹介したいと思います。
まず今回は『サッポロファクトリー オフィシャルガイドブック SAPPORO FACTORY MOOK』についてです。

SAPPORO FACTORY MOOK

f:id:hayabusa8823:20181224043746j:plain:h170:w140
出版社: サッポロビール開発株式会社
発行日: 1993年4月9日

掲載ページ:表紙裏、P.20、24~25、64~65、96~97、165、168~169

この記事でも書いた通り、amazonヤフオクなどでも見かけたことがないくらい入手が困難な、サッポロファクトリー開業当初の公式ガイドブックです。
当時のこの本の定価は400円。リーズナブルですね。
 

表紙裏

まず表紙をめくるといきなりSSの広告が登場。
載っている内容の多くは後で紹介する96~97ページと基本的には情報がかぶっています。
 
まず、SSが「天然温泉アミュージアム」を名乗っていたことが分かります。
施設内には18種類40タイプもの温泉があるとのことで、こんなに種類が多かったのかと正直僕も驚きました。 
プール内は大きく分けて「ザ・プール」「露天国」「奥の郷」の3区画だったようです
(※但し97ページの説明によると区画はこの3つに「キッズ・スクエア」を加えた4区画で記述されています)。
「奥の郷」については、他のページのどこにも登場しない内部写真がここには掲載されているので、大変貴重です。
 
入場料は大人が2,700円、子供が1,300円、3歳未満は無料。
タオルやパーカー、水着の有料レンタル有。
営業時間は
【1~6月/9~12月】平日:11~24時、土日祝日・夏休み期間:10~24時
【7~8月】平日:11~26時、土日祝日・夏休み期間:10~26時
だったようで、かなり深夜まで営業していたことが分かります。
 

20ページ

f:id:hayabusa8823:20181225062850j:plain
このページでは、大アトリウムに隣接して小アトリウムがあり、その小アトリウムの内部がSSである旨が記されています(上図参照)。
また、かなり高い位置からプール全体を見下ろした写真が掲載されています。
(※二条北館は現在の二条館)
 

24~25ページ

ここでは「内部空間」のタイトルと共に複数枚の写真が掲載されています。
SS関連では、24ページの方に更衣室の写真が、25ページの方にはロビーへ続く通路である「光の廊下」の写真及び「光の廊下」手前のエントランスの写真が掲載。
エントランス部分には壁画が描かれていますが、『デザインの現場 1993年 4月号増刊』(この本については今度紹介します)66ページによると、これはグラフィックアーティストの谷口広樹氏による作品だそうです。
 

64~65ページ

サッポロファクトリー全体のフロアマップが掲載されています。
二条北館4階にサッポロスプリングスはありました。
 

96~97ページ

館内紹介のSS部分の記事なので、情報量多め。
掲載写真はプール全体像、ロビー、光の道、露天国。
SSのロビーの写真は中々に珍しいんじゃないでしょうか。
 
SSの温泉は天然温泉で、温泉名を「札幌麦酒工場温泉」というのだそう。
モチーフは古代遺跡とのことです。
何故ピラミッドみたいな構造物があるんだろうか?と子供の頃の僕は思ったものですが、これを読んで納得しました。
 
温泉の区画については「裏表紙」の項でも触れた通り、「露天国」「キッズ・スクエア」「ザ・プール」「奥の郷」の順に4区画が紹介されています。
 
★露天国
名前からも分かる通り露天風呂などのゾーンです。
「太陽のピラミッド」内部にある「雪見洞窟」を初めとして、一面に浅く湯が張られた「水の庭」、そして水の庭に整然と並ぶ「カマクラミッド」などから構成されています。
日が暮れてからカマクラミッドに入ると、夜空が綺麗だった記憶があります。
この「露天国」はSSからワンデイスパに名前が変わった頃に閉鎖されてしまったはずです。
「夏の径」「冬の径」という施設名も載っていますが残念ながら記憶にないです。
 
★キッズ・ズクエア
先述の「夏の径」「冬の径」なる場所を通って行くと記述されています。
キッズプールが設置されており、子供でも楽しめるようになっていました。
傾斜面になっている「スライダー・スペース」というのもあったようです。
 
★ザ・プール
本施設のメインである大プールを中心とした区画です。
大プールは水中に設置された照明が幻想的でした。
ピラミッドの形をした「クアミッド」もこの区画にありました。
僕自身は余り覚えていないのですが、ガイドブックによれば「クアミッド」にはジェットバスが組み込まれていたようですね。
また、プールサイドのスロープを上っていくと展望ジェットバスがありました。
結構好きだったのですが、ある時期から(時期についてはSS時代かワンデイスパ時代かは定かではないですが)ずっと閉鎖されていたような覚えがあります。
プールサイドには「打たせ湯」なんてのもありました。
ガイドブックには他にも「ジェットリング」「コンガリーン(サンタン)」「ウォーターバー」といった施設の名前が挙がっていますが、全くもって記憶にありません。
一体どんな施設だったんでしょうかねえ。気になる。
 
★奥の郷
その名の通り一番奥にあるエリアで、どことなく静かで落ち着いた雰囲気の、個人的には一番お気に入りの場所でした。
浅くお湯が張られたスペースが広がっていて、その浅瀬の中で一部深い部分が少し大きめの浴槽(ガイドブックにある「湯の池」とはこれのことでしょうか)となっており、その浴槽の後方には「カゲユ」という少人数用の浴槽が3、4ヶ所(或いはもっと?)あったような気がします。
「カゲユ」以外にも多種多様な温泉施設があり、その中でも「ザ・ヒノキ」という檜風呂が大好きでした。
僕が生まれて初めて入った檜風呂もここだったと思います。
このエリアの他の施設としては「湯の川」「ジャワワ」「ノビノビット」「半月」「アチチ」「ヒヤヤ」「せせらぎ」「ボディシャワー」「温暖室」「湿暖室」といったものがありました。
なお、この「奥の郷」もワンデイスパに変わった頃に閉鎖されてしまった覚えがあります。
「露天国」と「奥の郷」がなくなったことで非常にがっかりしてしまい、ワンデイスパ以降は余り行かなくなってしまったんですよね。
 
★ラウンジ
このガイドブックには、プール以外の施設についても記述があります。
その中でも注目すべきは「ラウンジTOMPA」でしょうか。
このラウンジは確かプール横にあったもので、TOMPAの名前は恐らくトンパ文字という中国少数民族の文字から取られているのでしょう。
そのため個々のラウンジのガラスには様々なトンパ文字が描かれていたのを覚えています。
デザインの現場』の方にも、SSの企画を担当した榎本了壱氏へのインタビュー記事(121ページ)の中で「中国のトンパ文字を使ってレストランのガラスの彫刻を〜」と書かれていますね。
 
余談ですが上記のプール内の施設の一連の記述については、この本の表紙裏掲載の写真と、『デザインの現場』の122ページのSSの模型写真を見比べている内に細かい部分を色々思い出せたので助かりました。
 
【2018年12月29日追記】
「露天国」エリアの「夏の径」については、『デザインの現場』の122ページのSS設計者・竹山聖氏の描いた平面図の中に名前を見つけることが出来ました。
それを基に考えると、「水の庭」の一角に伸びる屋内へと続く道こそが「夏の径」であったのかな、と思います。
「冬の径」が何であったのかについては依然不明です。

165ページ

お湯が張られていない状態での「水の庭」、「カマクラミッド」、「太陽のピラミッド」の写真が掲載。
お湯がない状態の写真は珍しいのでは。
 

168~169ページ

168ページ右下に「クアミッド」の辺りから大プールを撮影した写真が掲載。
日中に撮られているからか、プール上空に吊るされている舟のオブジェの内部もよく見えます。
 
169ページ右上には何やらトンパ文字のようなものが書かれたガラスの写真が。
 

最後に

さて、今回は『サッポロファクトリー オフィシャルガイドブック SAPPORO FACTORY MOOK』の中のサッポロスプリングスについての記述がある個所について紹介しました。
もし奇跡的な確率でこの本に巡り合うことが出来たら、ぜひ手に取ってみて下さい。
あの頃のサッポロファクトリーの雰囲気を存分に味わえるかと思います。
 
さて、今度は『デザインの現場 1993年 4月号増刊 北の・あたらしい・まちづくり|サッポロファクトリー』について紹介できればと思っています。
 
というわけで今回は以上。
 
 
【2018年12月29日追記】
次の記事:その2:デザインの現場 1993年 4月号増刊