燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

千日前榎龍王と榎地蔵尊

関西巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧

 

はじめに

今回は大阪・ミナミの千日前榎龍王と、その隣にある榎地蔵尊について。
 

千日前榎龍王


なんばウォークB21番出口を出ると、目の前にミナミ千日前商店街の入口が見える。
ローソンの所で路地に入ると、右手に千日前榎龍王が見える。
 

由緒書によると、明治4年1871年)にこの地にあった榎神社が区画整理で取り壊しとなり、更に境内の榎を伐採しようとした際に事故が続発。神官に相談した所榎に宿る白蛇の仕業だと言われたため、その白蛇を祀ったことに始まるとのこと。
白蛇は龍となるとされているため、ここも龍神として祀ったらしい。
御利益は商売繁盛、福徳開運、夫婦和合、運気上昇。
 

手水舎も水の出口が龍の頭になっている。
でも「水」とだけ書いてあるのは珍しい気がする。
 

社殿


社殿はというと……………………
 

………………………無い。
 

台座の上にポツンと立札がある。
曰く、先日の記事にも書いた大和田住吉神社と同じく、2018年の台風21号で被害を受けたようだ。
たまたま行った時は修復中で、御神体は難波八阪神社遷座していた。
 

本来はこんな感じで社殿があったらしい。
立札には2019年中に復旧する旨が書いてあったので、恐らく今は元通り社殿が建っていることだろう。
 

地蔵尊


千日前榎龍王の真横には榎地蔵尊が祀られている。
こちらのお堂は恐らく無事だったようだ。
 

【千日前榎龍王
住 所:大阪府大阪市中央区千日前2-8
御祭神:千日前榎龍王
社祠等:榎地蔵尊(御本尊:地蔵尊
建 立:明治4年
H P:無し
 

 
今回は以上。
次回は榎龍王遷座していた難波八阪神社
 

脚注