RISING FALCON

のんびり書いていきます。

祝10周年!!「孤独のグルメ」江の島探訪 兼 江の島旅行記

なんとこのブログも本日2016年6月17日で10周年を迎えました。
最初の方の記事を見直すと割と中身が無さ過ぎてビビりますね(汗)
今ならツイッターにでも書くようなレベルでどうでも良いことが書き連ねてあったりしますし(じゃあ今書いている文章はどうでも良くないのかと問われると微妙ですが)。
まあ、今も決して真人間とは言えませんがあの頃よりは多少成長したのかな、と。
 
 
さて、ここからが本題。
昨日の記事でも書いたように、ふと「孤独のグルメ」第9話に登場する江の島に行きたくなったので去る2月4日にお出掛けも兼ねて行ってきました。
「孤独のグルメ」にで使われている江の島のスポットは、割と現実での位置関係がバラバラに使われているので、巡るのはちと大変でした(笑)
舞台探訪の写真には★印とページ・コマを書いておきました。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204104822j:plain
江の島大橋・江の島弁天橋の入口。
調べて初めて知ったんですが、車道と歩道が別の橋で、それぞれ名称が江の島大橋と江の島弁天橋なんですね。
石碑には「名勝及史蹟 江ノ島」の文字が刻まれています。
 
 
★1ページ1コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204105517j:plain
江の島弁天橋から望む江の島全景です。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204105847j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204105856j:plain
参道入口の青銅の鳥居です。
額に書かれている字は格好良いですが何と書いてあるのか分からなかったんですが、江島神社HPの境内案内によると「江島大明神」と書いてあるようです。
蒙古襲来戦勝記念に後宇多天皇から賜った勅額の写しだそうで。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204110145j:plain
しらすコロッケが売っていたので購入。
美味かったです。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204110254j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204110304j:plain
江ノ島郵便局、灯籠が良い味わいです。
明治時代の郵便差出箱を復元したものも設置されていました。
ここから実際に投函出来るみたいです。
 
 
★1ページ5コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204110711j:plain
五郎が階段にたたずむシーン。
階段上の瑞心門の辺りから朱の鳥居方向を写したものです。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204111042j:plain
宗像三神のうち、田寸津比賣命が祀られている辺津宮です。
1206年に鎌倉幕府3代将軍源実朝が創建したんだそうです。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204111457j:plain
こちらは末社の八坂神社です。
宗像三神の父神の建速須佐之男命が祀られています。
毎年7月中旬には例祭が行われるようです。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204111602j:plain
末社の稲荷社・秋葉社です。
豊受気毘賣命(伊勢神宮外宮にも祀られている食物の神様)と火之迦具土神(伊弉諾尊と伊弉冉尊の子の火の神)が祀られています。
 
 
★2ページ3コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204110526j:plain
この場所は江の島にある単立神社の児玉神社へと続く階段です。
よく見ると「兒玉神社参道」の石碑が建っています。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204112714j:plain
児玉神社の社殿です。
扁額は李登輝元台湾総統の揮毫とのこと。
祀られているのは日露戦争で活躍した児玉源太郎命です。
境内には山県有朋歌碑等もあります。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204113208j:plain
猿田彦大神(道案内の神様)の名前が書かれた庚申塔。
江戸時代のものだそうで。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204113642j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204113803j:plain
宗像三神のうち、市寸島比賣命が祀られている中津宮です。
853年に慈覚大師(円仁)が創建。
すぐ傍に水琴窟があります。
とても癒されるのでお薦めです。
 
 
★1ページ2コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204114239j:plain
サムエル・コッキング苑入口です。
「孤独のグルメ」が描かれた頃は、まだ前身の江の島植物園でした。
かつてこの地に庭園を造った英国人貿易商サムエル・コッキングに因んだ名称です。
今回は時間がなかったので入苑はしませんでした。
いつか時間がある時行ってみようかな。
 
 
★2ページ1コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204114700j:plain
コッキング苑入口近くの弁天茶屋の横です。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204114900j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204115030j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204114949j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204115059j:plain
貝広物産店というお土産屋さんの横で発見。
「江ノ島さんぽ」という藤沢市非公認の江の島の魅力を発信していくキャラらしいです。
神奈川県のHPに記事を書いていたりtwitterもやっているようです。
アニメ見てなかったんで知らなかったんですが、「TARI TARI」の舞台のモデルって江の島だったんですね。
アイルーは可愛い、ズルい。
真実の口占いは昔はよくあった気がしますが、最近は余り見かけなくなりましたね……。
 
 
★2ページ5,6コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204115511j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204115552j:plain
五郎とかつての恋人との思い出の場所は、山二ツのあたりにある展望台でした。
とても眺めが良くて気持ちの良い場所です。
 
 
★3ページ1,3,4コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204115800j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204120034j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204120101j:plain
五郎が饅頭を買ったのは1902年創業の老舗中村屋羊羹店です。
羊羹店なので饅頭だけではなく羊羹もちゃんと売っています。
 
 
★3ページ5コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204120119j:plain
これは食べねばなりますまい!ということでこし餡とつぶ餡を一つずつ購入。
五郎よろしく「はふ はふ はふ」と頂きました。
階段や坂を上ったり下りたりした疲れた体にはこの甘い饅頭が最高でした。
 
 
★3ページ8コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204120256j:plain
こちらも中村屋の横。
 
 
★2ページ8コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204120415j:plain
中村屋横の階段を上った場所から撮影。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204120703j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204121026j:plain
中村屋の前の道をずっと行くと奥津宮に到着。
宗像三神の最後の一柱、多紀理比賣命が祀られています。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204121324j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204121258j:plain
奥津宮の近くには龍宮(わだつみのみや)があります。
祀られているのは龍宮大神という龍神様です。
古来より江の島には龍が棲むと言われており、鎌倉幕府初代執権北条時政や9代執権北条貞時が龍に遭遇したという伝説もあるらしいです。
目の前で巨大な龍の像を見ると、中々に迫力があり格好良いです。
鳥居の正面にはカメラスタンドが設置されているのですが、龍をバックに記念写真でも撮れ、ということでしょうか。
 
 
★4ページ1コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204122032j:plain
五郎が食事に立ち寄った店のモデルは龍宮のすぐ近くにあります。
 
 
★4ページ9コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204122324j:plain
この時代を感じる占いマシンも未だ健在でした。
一回ぐらいやってみりゃ良かったかな?
 
 
★5ページ5コマ目
f:id:hayabusa8823:20160204123101j:plain
僕も五郎が頼んだのと同じく江ノ島丼セット(江ノ島丼・蟹の味噌汁・おしんこ)+さざえの壺焼きを注文。
実は今回の江の島旅行はこれが目的といっても過言ではないです(笑)
蟹の味噌汁は五郎が言っていたように少し薄め。
江ノ島丼もまずまず。
さざえの壺焼きも悪くなかったです。
店の全体的な感想としては、抜群に景色が良かったというのが印象深かったです。
「孤独のグルメ」の舞台探訪は以上となり、ここからはひたすらに江の島を満喫することに。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204125305j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204133711j:plain
五郎と同じ感想を抱いて店を出た後は、店の横の階段を下りて岩屋を目指します。
第9話最終ページでも描かれていたように、やたらとトンビを見かけました。
こんな注意書きもあるくらいなのでかなり獰猛なのでしょうか。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204130041j:plain
岩屋に行く途中では海の所まで行くことが出来ます。
岩に打ち付ける波の飛沫が激しかったです。
実はここで本当は「ラブひな」5巻28ページの背景のモデルになった場所の写真を撮っておけば良かったのですが、忘れていました。
無念……。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204131138j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204131618j:plain
いざ岩屋へ。
岩屋の中ではこのような蝋燭を手に進む箇所もあります。
変わった岩や石の仏さまなど、色々と興味深いものがありました。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204140255j:plain
帰りに辺津宮の方を通ると池の中に銭洗白龍王なる龍神様が祀られていました。
ここの浄水で心とお金を洗い清めると良いらしいですよ。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204141736j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204141741j:plain
さて、帰り際に江の島ヨットハーバーの方にある聖天島公園に寄ったところ、2つの祠を発見。
上の写真の祠には石像が2体祀られていますが、道祖神でしょうか?
下の写真の方は真ん中の石に「龍宮神」と書かれているので、龍宮の龍宮大神と同一ですかねえ。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204142440j:plain
江島神社の交通安全祈願所も発見。
まあ流石に車で島の内部まで行けってのは無理だよね。
 
 
f:id:hayabusa8823:20160204162216j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204162508j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204160426j:plain
f:id:hayabusa8823:20160204160846j:plain
さて、そんなこんなで江の島旅行はクライマックス。
やはり江の島にお出かけしたら〆は新江ノ島水族館でしょう。
クラゲもチンアナゴもやはり可愛い。
そしてやはり大水槽の美しさは格別です。
江ノ水は何度言っても良い所ですねえ。
 
 
 
さて、今回の記事は以上となります。
これからもこのブログを宜しくお願い致します。