燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

稲荷山⑥:竹取物語ゆかりの地、伏見神宝神社

関西巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
稲荷山記事一覧記事一覧
 
 

はじめに

今回は、竹林の中にある伏見神宝神社について。 
今までの稲荷山の記事はこちら
 
今回のマップは以下の通り。(※画像が粗い場合は、クリックした先で「オリジナルサイズを表示」を選ぶと大きいサイズが表示される。)

 

伏見神宝神社

千本鳥居より


前回紹介した根上り松の向かい側に、伏見神宝神社へと続く階段がある。この階段を上って山道を進むと伏見神宝神社が見えてくる。
 

社殿



御祭神は天照大御神で、相殿に稲荷大明神を祀る。扁額には「神寳宮」の文字。両脇には狛犬ならぬ狛龍が鎮座しており、右が天龍、左が地龍となっている。
また、十種神宝*1を奉安するとされており、社名もこれに因んでいる。
発祥は平安時代創建の稲荷山山上の社に遡る。応仁の乱で荒廃し、昭和に入ってから現在の地*2復興されたらしい。竹取物語ゆかりの地とされており、周りを竹林に囲まれた場所だ。
 

大伴家持


社殿横には大伴家持像が建っている。碑文には以下の2首が刻まれている。
・𠀋夫は名越し立つべし後乃㔺よ聞きつぐ人も語りつぐがね*3
・鶉鳴く古り尓し里より思へども何ぞも妹尓逢ふよしも奈起*4
 

龍頭社



龍頭社の御祭神は龍頭大明神。
龍頭大明神は別名を山王大権現とも称し、稲荷山の地主神とされる*5
『伏見神宝神社のご案内』(社務所で貰える由緒書の紙)曰く、西陣織の金具の龍頭にかけて、衣の守護神とされているらしい。
 

霊社


龍頭社の傍には霊社が建っている。
この社は代々の神職篤志の崇敬者の祖霊を祀る。
 

愛染碑


霊社の右手には愛染碑がある。
碑文には「古蹟 宇多乃帝・かぐや姫 愛染碑」と刻まれている。どうやら竹取物語関連の碑のようだ。
ところで竹取物語の帝って、名前出てたっけ……?
 

遥拝所


愛染碑の右には稲荷山遥拝所がある。伏見稲荷大社本殿や奥社の裏手の遥拝所と同様に、稲荷山に祀られる神を遥拝出来る。
鳥居は竹でできており大変風流だった。この周りの風景に竹の鳥居というのはとてもマッチしていて良かったと思う。
因みにこの写真は去年に撮ったものだ。
 

で、今年撮ったものはこちら。ばっちり朱の鳥居が建っている。随分と立派だなあ。
 

八大龍王大神・権太夫大神・白龍大


境内の奥の階段を降りて右側にはお塚もある。
右から八大龍王大神、権太夫大神、白龍大神が祀られている。
 

底津岩戸社


階段を降りた左側には底津岩戸社が鎮座。扉の奥の洞窟中に社殿が鎮座している。名前や形状からして天岩戸を模しているのだろう。
御祭神は大宮能女命。この神様は伏見稲荷大社本殿にも祀られている。また通常、稲荷山の一の峰の上社の御祭神の末広大神がこの大宮能女命であるとされる。先述の由緒書『伏見神宝神社のご案内』によると、伏見神宝神社では天鈿女命と同一の神としている。なおこの由緒書には、大宮能女命が伊弉冉命と同一神であるという説も記載されている。
 

布留社


本殿右手にあるのは布留社で、御祭神は白菊大神という水神が祀られている。
かつては五条通りにあったが、道路拡張で遷座したようだ。
扁額の文字は「正宮■大明神」とある。■が何の漢字か判読できないが「姫」の字だろうか。仮に「正宮姫大明神」だったとして、それって誰なんだろう。
 

おもかる石


布留社の目の前にはおもかる石がある。2つ並んでいるが、どちらもおもかる石ということで良いんだろうか。
右の石はどことなく役行者とかそんな感じにも見えなくもない。
 

竹乃下道




伏見神宝神社前の道は竹乃下道と呼ばれ、かつては大和の方面に抜けることが出来たという。
両脇は竹林になっていて、何とも趣深い。この道をずっと進んでいくと、弘法滝など稲荷山の滝場が多数点在する方面に行くことが出来る。
 

【伏見神宝神社】
住 所:京都府京都市伏見区深草笹山町15
御祭神:天照大御神稲荷大明神(相殿)
社祠等:龍頭社(御祭神:龍頭大明神)
    霊社(御祭神:代々の神職篤志の崇敬者の祖霊)
    お塚(御祭神:八大龍王大神、権太夫大神、白龍大神)
    底津岩戸社(御祭神:大宮能女命)
    布留社(御祭神:白菊大神)
創 建:平安時代
H P:無し
  

 
今回は以上。次回は伝法池周辺について。
 

脚注

*1:「とくさのかんだから」と読む。『先代旧事本紀』に登場する神宝。沖津鏡、辺津鏡、八握剣、生玉、足玉、死返玉、道返玉、蛇比礼、蜂比礼、品品物比礼の十種。

*2:現在の鎮座地は伝法岡と呼ばれる。下の方にあった伝法池と関わりのある名前だろうか。

*3:正確には「越」「乃」はこれらを基にした変体仮名で、「を」「の」に相当。「㔺」は「世」の異体字

*4:正確には「尓」「奈」「起」はこれらを基にした変体仮名で、「に」「な」「き」に相当。

*5:この龍頭大明神は地主神なので、荷田龍頭太の説話とも関連してくるということなのかもしれない。