燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

稲荷山⑲明竹稲荷宮と腰神不動神社、月姫大神、豊川稲荷、そして縁結大神

関西巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
稲荷山記事一覧記事一覧
 
 

はじめに

やっと終わりが見えてきたこの一連の稲荷山記事。
今回は豊川というエリアについて。
 
今までの稲荷山の記事はこちら
 
マップは以下の通り。番号が振ってあるのは、お塚の台座の番号だ。
(※画像が粗い場合は、クリックした先で「オリジナルサイズを表示」を選ぶと大きいサイズが表示される。)

 

豊川


豊川のエリアは、明竹稲荷宮や伏見豊川稲荷本宮を中心に、多くのお塚が並んでいる。
このエリアには猫が生息している。特に北向不動明王を過ぎた辺りで出くわすことが多い気がする。
 

明竹稲荷宮・腰神不動神社・玉照社




このエリアで一番手前にあるのは明竹稲荷宮ひろたけいなりのみや)だ。腰神不動神社と玉照社は明竹稲荷宮末社となっている。
ただし現在は明竹稲荷宮と玉照社が建替中のため、腰神不動明神社の新社殿を権殿*1として遷座している。
明竹稲荷宮の御祭神は、社務所で尋ねたところによると、稲荷大神天照大御神素戔嗚尊など数柱とのこと。
足腰を守護してくれるという腰神不動神社は、腰神不動明王だけでなく、眷属の矜羯羅童子制多迦童子も祀る(こちらも社務所で尋ねた)。
玉照社は後述の写真を見る限り、玉照大御神・玉𠮷大御神・玉秀大御神・宗藤大明神・辰富大明神・大𠮷大明神が御祭神だろうか。
 


腰神不動神社の新社殿横の階段下あたりに、旧社殿が残っている。また、遷座した旨が書かれた張り紙もある。
 


画像を整理していたら、2016年に稲荷山に行った時に、たまたま当時の腰神不動神社と玉照社を撮っていたのを発見した。
玉照社はこの時も権殿だったらしい。傍には六柱の御祭神の神名が書かれている。
 

稲荷山北向不動明王


病気平癒の御神徳があるという稲荷山北向不動明王尊。
先に紹介した明竹稲荷宮の「ご奉賛のお願い」の看板に書いてある北向不動明王とは、このことだろうか。
 

七福神



ここは七福神を祀る。稲荷山に七福神のお塚はそんなに多くはない印象があるので、結構珍しいんじゃないだろうか。
お塚の手前には、色々な七福神の置物が置かれていて楽しい。
 

因みに前に行った時は七福神の置物はなく、代わりに黒猫が鎮座していた。かわいい。
 

伏見豊川稲荷本宮



ここは伏見豊川稲荷本宮という、愛知にある豊川稲荷*2の関連の社だ。豊川というエリア名はここから取られたものと思われる。
御祭神は豊川大神で、「豐川大神」*3と刻まれた円形の巨大なお塚が社の中に鎮座している。
豊川大神は豊川吒枳尼真天*4のことだろうか。
 

龍大神、黒龍大神、白狐神霊



気合いの入ったお塚が3つ並んで建っている。
龍大神は玉を持った龍の形をした大きなお塚だ。
黒龍大神は白龍大神よりは一回り小さめだが、デザインが鮮明に分かる。
白狐神霊はその名の通り狐を祀ったものだろう。お塚には4匹の狐が彫られている。
 

弘法大師


このエリアには弘法大師の像も祀られている。これぞ神仏習合といった趣。
 

運動大神・御雪大明神、大学大神、脳天大神




ここには沢山のお塚が祀られているが、その中から3基紹介したい。
運動大神はその名の通り運動に纏わる神のようで、参拝時もサッカー上達祈願の木札が奉納されていた。
大学大神は学問の神なのだろう。傍らには合格祈願の絵馬が多数あった。
脳天大神も頭関連なので、大学大神と同じく学問の神だろうか……?
 

五社繁昌社、願望成就稲荷





白髭大神・最上位經王大菩薩・稲荷大神・三州豐川陀枳尼天・大和宇陀朝日大神の五柱を祀る。
白髭大神は滋賀の白鬚神社の御祭神のように猿田彦命だろうか。
最上位經王大菩薩は岡山の最上稲荷の御本尊だ。
稲荷大神は、「稲」の字の右下の「旧」が「四」のようになっているのが特徴的。
三州豐川陀枳尼天は三州(=三河国)つまり愛知県の豊川稲荷で祀られる吒枳尼天だろう。
大和宇陀朝日大神は詳細不明。ただ検索してみると、奈良県宇陀市に朝日大神の社があるらしいのでそこの神様かもしれない。
また、上記の5つのお塚より手前には願望成就稲荷が祀られている。
 

月姬大神・鞍馬魔王・不動明王ほか十二柱



ここは十五柱にも及ぶ神名が刻まれたお塚だ。詳細は上の写真を見て欲しい。
月姬大神の由来は不明だが、「月姫」なのでかぐや姫伝説の関係だろうか。私は思うところあって、「月姫大神」と書いた小鳥居を奉納した(御利益はあったと思う)。
鞍馬魔王は度々この稲荷山記事でも取り上げている、鞍馬天狗のことだろう。
鞍馬魔王の左側には不動明王の神名も見える。
 

縁結大神



ここには稲荷山でも珍しい縁結大神が祀られている。名前からしていかにも縁結びの御利益がありそうな神様だ。ここには良縁祈願の木札が多数奉納されている。
 

塩釜雪王尊者・成田不動明王・白濵大神


ここは三柱の神名が刻まれている。
塩釜雪王尊者と白濵大神は詳細不明。
成田不動明王成田山新勝寺の御本尊の不動明王かと思われる。
 

光玉大神・鞍馬大僧正・信光大神


このお塚にも鞍馬大僧正が祀られている。
この鞍馬大僧正は、「鞍」の字が「革偏に馬」という見たことのない異体字なのが面白い。
 

【明竹稲荷宮
住 所:京都府京都市伏見区深草開土口町16
御祭神:稲荷大神天照大御神素戔嗚尊など
境内社:腰神不動神社、玉照社など及びお塚多数
建 立:明治初期
H P:無し
 

 

【伏見豊川稲荷本宮】
住 所:京都府京都市伏見区深草開土口町15
御祭神:豊川大神
境内社:お塚多数
建 立:不明
H P:無し
 

 

【豊川】
御祭神:七福神、白龍大神、黒龍大神、白狐神霊、月姬大神、縁結大神など

 
この次のエリアは荒木神社のある「あらき」というエリアだ。
今回は以上。
 

脚注

*1:社殿改築などの際に一時的に祀られる社殿。

*2:豊川稲荷ホームページ(https://www.toyokawainari.jp/

*3:「豐」は「豊」の旧字。

*4:豊川稲荷というと愛知県の円福山妙厳寺という千手観音菩薩を御本尊とする寺院を指すが、豊川吒枳尼真天はこの寺の鎮守社に祀られている。