燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

稲荷山⑰御膳谷奉拝所から眼力社、大杉社へ

関西巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
稲荷山記事一覧記事一覧
 
 

はじめに

今回は御膳谷・眼力・大杉の3エリアについて。
今までの稲荷山の記事はこちら
 
マップは以下の通り。番号が振ってあるのは、お塚の台座の番号だ。
(※画像が粗い場合は、クリックした先で「オリジナルサイズを表示」を選ぶと大きいサイズが表示される。)

 

御膳谷


春日峠を過ぎて階段を進むと、次に現れるのは御膳谷だ。ここのエリアには御膳谷奉拝所がある。
「御膳谷」は「ごぜんたに」と読むのかと思っていたけど、『神奈備 稲荷山巡拝』という本を見ると "Gozendani Hohaisho Prayer Area" とある*1
また、伏見稲荷大社の英語版HPの表記も "Gozendani Hohaisho" 表記なので、どうやら「ごぜんだに」が正しいらしい。
 

御膳谷奉拝所




御膳谷奉拝所はかつて御饗殿と御竈殿があった場所で、今は祈祷殿と呼ばれる建物が建っている。ここは毎朝夕に神々にご飯をお供えされる。
祈祷殿後ろにある御饌石という石は、大山祭の山上の儀でお酒をこの上に置くのにも使われている。
なお、ここが奉拝所とされるのは一ノ峰・二ノ峰・三ノ峰の渓谷が重なっているのがこの御膳谷であり、ここから3つの峰を拝むことができるかららしい。
 


ここ御膳谷は『お山のお塚』が出版された1965年以降にエリアの拡張があったらしく、当時146番までしかなかった塚台のナンバーも、現在では205番まで増えている。
谷を何処までも奥の方までお塚が埋め尽くす光景は、壮観の一言に尽きる。
 

清浄坊大神



さて、春日峠からこのエリアに降りてくると、階段の一番下あたりに鎮座しているのがこの清浄坊大神だ。見ての通り切り株が祀られていて、根上り松を彷彿とさせる。或いは傘杉大神のように、木が生えている頃から祀られていたんだろうか。
 

力松社



祈祷殿裏手のここが御膳谷神蹟とされている場所で、力松大神が祀られている。
現地では「御膳谷神蹟」という表記は見当たらないが、『お山のお塚』付属のマップによればここが神蹟ということで良いらしい。
 

奥村社




力松社からみて右手の方には、立派な石鳥居と狛馬を備えた奥村社が鎮座している。祀られているのは奥村大神だ。
ここは『お山のお塚』によれば「御膳谷旧跡」であるらしい。お塚の碑文は隠れて見えづらいけど、たぶん「御膳谷舊蹟」*2と書いてあるんだろう。
それにしても、「旧跡」とはどういうことなんだろう。「神蹟」と何がどう違うのか、とても気になる。
 

郷鷹大明神・三日月大明神・光𠮷大明神


ここのお塚には郷鷹大明神・三日月大明神・光𠮷大明神の三柱が祀られている。
三日月大明神という神名に惹かれて参拝した。
 

高倉社


御膳谷のエリアの一番右下辺りにあるのがここ高倉社。祀られているのは高倉大神だ。小鳥居が沢山奉納されていて、崇敬されているのが分かる。
 

【御膳谷】
御祭神:力松大神、奥村大神、三日月大明神、高倉大神など
 

 

眼力


御膳谷の次は眼力エリアだ。ここは眼力社を中心に、お塚が並んでいる。
ここの狐像はとても印象に残るポーズをしている。口に咥えた筒から水が出ているのもかわいい。
 

眼力社




眼力社は眼力大神と石宮大神を祀っている。
茶店に貼られた説明書によれば、眼力大神は眼病・視力回復、証券取引、商売・経営、入試・就職、結婚、願力に御利益があるらしい。
石宮大神は詳細不明。
 

【眼力】
御祭神:眼力大神、石宮大神など
 

 

大杉


大杉エリアは大杉社を中心として、幾つかのお塚が祀られている。
 

大杉社


大杉社には大杉大神と磐根大神が祀られている。名前からして、(暗くてよく見えないけど)杉の木が御神体なんだろうと思う。
磐根大神は詳細不明。岩の御神体でもあるんだろうか。
 

杉森稲荷大神・杉芳大神



杉森稲荷大神と杉芳大神の神名が書かれた扁額の後ろに、杉の木が立っている。この木が御神体なのだろう。神名も杉に因んだものだ。
 

倉瀧大神・白末大神・白杉大神・弥生大神・杉作大神



こちらも扁額の後ろに立派な杉の木が立つ。
白杉大神や杉作大神は杉に因んだ名前だけど、倉瀧大神・白末大神・弥生大神の由来は分からない。
 

【大杉】
御祭神:大杉大神、磐根大神、杉森稲荷大神、杉芳大神など
 

 

四ツ辻へ


これで稲荷山の上の方は一先ず終わり。四ツ辻へと戻ってくる。
四ツ辻は見晴らしが良くて最高だ。写り込んだ外人のお兄さんもこの写真に良く調和している。
 
ここからは三ツ辻まで行って裏参道に入り、玉姫エリアへと向かう。
今回は以上。
 

脚注

*1:神奈備 稲荷山巡拝』(伏見稲荷大社附属講務本庁)54頁

*2:「舊」は「旧」の旧字体