燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

公所神社と牛頭天王のお宮

東京・関東巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
 
 

はじめに

今回は平塚市公所の公所神社について。
 

公所神社


一昨日の記事道祖神から直接で2kmほど南西、小田原厚木道路の真横に公所神社が鎮座している。
ここの地区名でもある「公所」は「ぐぞ」と読む難読地名だ。
 

社殿



由緒書の掲示*1によれば、公所神社の創建年は不明ながら、南北朝時代には熊野社として古文書に名前が見えるらしい。
慶安2年には公所村分村に伴い総鎮守の八劔明神*2を合祀。
 
御祭神は掲示によれば倭建之命・伊邪那美命速玉之男命・予母津事解之男命の四柱となっているけど、神奈川県神社庁のHPでは伊邪那美命の代わりに伊邪那岐命が祀られていることになっている。
どちらが正しいのかは不明だ。
 

道祖神



鳥居から社殿に向かう階段の途中からは斜面の途中に出ることが出来る。
そこには道祖神が三柱祀られている。
 
左右のものは道祖神なのかそれ以外の石仏なのか現地では分からなかったけど、平塚市博物館が出している『平塚の道祖神』によれば烏帽子を被った道祖神であるらしい*3
また真ん中の碑は先述の『平塚の道祖神』掲載の写真には見当たらない(左右の道祖神が並んで立っている)ので、1996年以降に新しく建立されたか、何処かから遷されたものと思われる。
 

一番左には風化していて、壊れた跡も見える道祖神が祀られている。
年月等の詳細は不明。
 

真ん中には道祖神が祀られている。
神名の横には「おんさげい さめい そばか」という真言が刻まれている。
真言が刻まれた道祖神は初めて見たかもしれない。
 

一番右にも道祖神が祀られている。
これも年月等の詳細は不明。
 

末社



社殿右手の小さな階段を上がると、末社群等が鎮座している場所がある。
左から歌碑(後述)、牛頭天王碑、石祠、神明大神碑、地神社、牛頭天王宮/大神宮、庚申塔となっている。
 
なお鳥居の所の由緒書の掲示にあった「神明大社」と「牛頭天王社」については、この中の牛頭天王碑と神明大神碑のことなのか、又は牛頭天王宮/大神宮のことなのかは分からなかった。
 

歌碑の右にあるのは牛頭天王を祀る碑だ。
牛頭天王祇園精舎の守護神とされ、かつては素盞嗚尊と習合していた神だったが、明治政府の神仏判然令により一応は排斥されたことになっている*4
 

牛頭天王碑の前には石祠が祀られている。
ただ由緒書等も無く、詳細は不明だ。
 

石祠の右側には神明大神を祀る石碑がある。
神明大神とは天照大御神のことだろう。
 

神明大神の右側には地神社が祀られている。
詳細は不明ながら、名前からして恐らく地神が祀られているんだろうということは分かる。
 



地神社の右側には牛頭天王宮/大神宮という石祠が祀られている。
中心部の桃型の穴の左側に「牛頭天王宮」、右側に「大神宮」と刻まれている。
牛頭天王宮の方は名前からし牛頭天王が御祭神だろうか。
大神宮の方は御祭神不明だけど、牛頭天王つまり素盞嗚尊と対になるとすればやはり天照大御神だろうか。
 


一番右側には庚申塔が祀られている。
塔の前の猿の像がとても可愛らしい。
 

その他諸々


先程紹介した末社群の一番左側には、「奉納」と上部に刻まれた歌碑が立っている。
刻まれているのは「奈こやか尓 ゆ多可尓阿連と *み*の ち可ひてや万寿 神能美まへて」(なごやかに ゆたかにあれと *み*の ちかひてやまず 神のみまへで)と読める*5
ただ残念ながら、一部は何と書いてあるか分からなかった。
 
なお上の括弧内、漢字で書いてある部分は「神」以外は各漢字を元にした変体仮名*6を示している。
なおこの歌碑を読むのには、崩し字に明るい大学の友人 H_keiba氏の協力を仰いだ。
 



社殿近くには、「幸福祈願の樹」という立派な御神木が生えている。
碑文を読む限り明治38年(1905年)に植えられたとのことなので、樹齢は110年を超えている。
 

道祖神
住 所:神奈川県平塚市公所145
御祭神:倭建之命、伊邪那美命?、伊邪那岐命?、速玉之男命、予母津事解之男命
社祠等:道祖神
    地神社(御祭神:地神?)
    牛頭天王宮/大神宮(御祭神:牛頭天王天照大御神?)
    他多数
創 建:1387年以前
H P:無し
 

 

脚注

*1:なお掲示には「元中(南朝至徳)四年(一三〇四)」と書いてあるけど、「元中」が南朝年号で「至徳」が北朝年号だとか、元中/至徳4年は共に1387年だとか、1304年はそもそもまだ南北朝時代じゃないとか色々と突っ込み所ではある。

*2:掲示の表記を見る限り、正確には「劔」の左下は「从」ではなく「灬」のようだ。

*3:平塚市博物館資料 No.45 平塚の道祖神』(平塚市博物館、1996年)38〜39頁

*4:明治元年(1868年)の神仏判然令の中でも名指しで批判されている。

*5:漢字も交えると「和やかに 豊かにあれと *み*の 誓ひて已まず 神の御前で」だろうか。

*6:明治以降には仮名の統一の影響であまり用いられなくなった、今現在普通に使われている仮名以外の仮名のこと(稀に蕎麦屋の看板などで見かける「き楚者゛」=「きそば」つまり「生蕎麦」が有名か)。