燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

早稲田の穴八幡宮へ

東京・関東巡り記事一覧
社寺祠堂巡り記事一覧

はじめに


一昨日の記事で書いた感通寺から夏目坂を上り馬場下町の交差点て向かうと、向こう側に穴八幡宮の鳥居が見える。
八幡宮に参拝するのは2018年以来だ。

八幡宮

八幡宮本殿



八幡宮は應神天皇仲哀天皇神功皇后の八幡三神を祀る。
更に、後述の境内社も本殿に合祀されている。

創建は康平5年(1062年)で源義家前九年の役から凱旋する途中この地に源氏の氏神である八幡神を勧請し、兜と太刀を納めたことに始まる。
八幡宮HPによると、その後慶長〜元和年間(1596〜1624年)頃までは神社の辺りに八幡祠が祀られていたとのこと*1
寛永13年(1636年)には御弓組のトップだった松平直次がこの地に的場を作った際に、源氏の氏神*2かつ弓矢の守護神であるということで石清水八幡宮から八幡神を勧請したようだ*3*4
更に寛永18年(1641年)には良昌上人*5が草庵を結ぼうとした際に、阿弥陀*6を切り開いたところ神穴が発見され、その中から八幡神本地仏とされていた金色の阿弥陀如来像を見つけたため、「穴八幡」との呼び名がついたらしい*7

本殿に合祀された境内社

『東京都神社名鑑 上巻』によると、戦災で社殿が焼失して本殿に合祀された神社として以下の神社が掲載されている*8
若宮八幡宮(御祭神:仁徳天皇
東照宮(御祭神:徳川家康公)
・稲荷社(御祭神:宇迦御魂命
・氷室明神(御祭神:大己貴命少彦名命
・春日明神(御祭神:天児屋根命
・子安明神(御祭神:木花咲耶姫命
天満宮(御祭神:菅原道真公)
厳島神社(御祭神:市杵島姫命

出現殿


かつて神穴が見つかった地には出現殿という社殿が建っているが、非公開のため遥拝。
由緒等は不明だが、御祭神は應神天皇ということで良いのだろうか。

なおこの出現殿は清水建設が建てており、平成20年(2008年)の東京建築賞で奨励賞を受賞している*9

手水舎・布袋尊

本殿の手前には手水舎と布袋尊舎が並んで建っている。
これらも平成30年(2018年)に清水建設の手で建てられている*10


手水舎は布袋尊の袋から水が出る仕組みになっており、他では中々見られないユニークなデザインになっている。
この布袋尊像は平成30年に新造されたものだ*11



布袋尊舎にも水鉢を兼ねた布袋尊像が祀られている。
こちらは元々は江戸城の庭に祀られていたもので、徳川家光が穴八幡宮に奉納したと伝わる由緒ある布袋尊だ。
ただ正確には奉納された布袋尊像は新宿区指定文化財となっており普段は非公開らしいので、布袋尊舎に鎮座してあるのは複製のようだ*12


因みに2015年に参拝した際には布袋尊はこんな感じで祀られていた(2015年4月17日撮影)。

神武天皇陵遥拝所



境内には神武天皇陵遥拝所もある。
これは橿原市にある神武天皇陵とされている畝傍山東北陵を遥拝する場所だ。
遥拝所の石碑には「神武天皇遥拝所」とだけ刻まれている。

その他

流鏑馬


境内入口の階段横には流鏑馬像が建っている。
かなり躍動感のある像でとても立派だ。
八幡宮では体育の日に毎年神事の高田馬場流鏑馬が行われている((穴八幡宮HP「神事高田馬場流鏑馬」参照。。

光㮤門



参道の階段を上った先には随神門が建っている。
かつての随神門は戦災で焼失したが、平成10年(1998年)に清水建設の手で再建。

この門には「光㮤門」と書かれた扁額が掛かっている。
この「㮤」の字は「松」の異体字であり、「光松門」ということらしい。
この光松というのは穴八幡宮と放生寺の間にあった松で、松林の中にあって闇世に光るとされたことが名前の由来であるらしい*13

【穴八幡宮
住 所:東京都新宿区西早稲田2-1-11
御祭神:應神天皇仲哀天皇神功皇后
社祠等:出現殿(御祭神:應神天皇?)
    布袋尊舎(御祭神:布袋尊
    神武天皇陵遥拝所
    若宮八幡宮(御祭神:仁徳天皇
    東照宮(御祭神:徳川家康公)
    稲荷社(御祭神:宇迦御魂命
    氷室明神(御祭神:大己貴命少彦名命
    春日明神(御祭神:天児屋根命
    子安明神(御祭神:木花咲耶姫命
    天満宮(御祭神:菅原道真公)
    厳島神社(御祭神:市杵島姫命
創 建:1062年
H P:穴八幡宮

脚注

*1:八幡宮HP「((御由緒」参照。

*2:松平直次は源姓であったらしい。

*3:斎藤幸雄『江戸名所図会 第二』(有朋堂書店、1927年)544〜549頁(国会図書館デジタルコレクションでは277〜279コマ)

*4:林述斎・編『新編武蔵風土記稿 巻之十一』下戸塚村の項目(内務省地理局、1884年)(国会図書館デジタルコレクションでは18〜20コマ)

*5:神仏分離前までは穴八幡宮別当寺だった放生寺開山。放生寺は穴八幡宮の隣に現存。

*6:当時は阿弥陀山と呼ばれてはいたが、何故阿弥陀如来の名を冠しているのかは忘れ去られていたらしい。

*7:斎藤、前掲書、544, 548頁

*8:東京都神社庁・編『東京都神社名鑑(上巻)』(1986年、東京都神社庁) 535頁

*9:東京都建築士事務所協会HP「穴八幡宮出現殿」参照。

*10:清水建設の社寺建築・伝統建築HP「穴八幡宮 布袋尊覆屋・御手洗舎・御井舎新築工事」参照。

*11:同上

*12:新宿区立新宿歴史博物館HP「布袋像の水鉢」参照。

*13:斎藤、前掲書、548頁