燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

平安遷都時から鎮座する五條天神宮

関西巡り記事一覧
社寺祠堂巡り記事一覧

はじめに


前回の記事で書いた松原道祖神社から200mほど西に、五條天神宮が鎮座している。



正面の境内入口は恐らく西洞院通側だが、松原通側にも境内入口があり、こちらには「皇國醫祖神五條天神宮」や「筑紫天滿宮」と書かれた石柱が立っている。

五條天神宮

五條天神宮本殿



五條天神宮大己貴命少彦名命天照大神の3柱を祀る。
創建は平安遷都の延暦13年(794年)で、桓武天皇の勅命により、弘法大師大和国宇陀郡から天神(天津神)を勧請したことに始まるとされている*1
かつては天使の宮や天使社という名称だったが、後鳥羽天皇により五條天神宮と勅称された*2
後に応仁・天明・元治の3回(恐らく応仁の乱天明の大火・蛤御門の変)も火災に遭ったとのことで、その度に再建されたようだ*3


なお『義経記』では、弁慶が牛若丸が初めて出会う直前に願掛けのため参拝した場所が五條天神宮ということになっている*4
なお境内の掲示によれば、実は五条大橋は鴨川に架かっていた五条大橋(現在の松原橋)ではなく、五條天神宮の東を流れていた西洞院川(現在は暗渠であるらしい)に架かる橋だったとの伝説があるようだ。


なお、本殿裏手には多数の境内社が祀られている。

筑紫天満宮



本殿の周囲を左から奥へと進むと、一番先に現れるのは筑紫天満宮だ。
天満宮なので当然ながら菅原道真公を祀ると思われる。
筑紫天満宮は二条寛斉*5天保15年(1844年)に太宰府より御分霊を勧請し、遥拝所として使用されていたらしい*6
なお、筑紫天満宮は洛陽天満宮二十五社にも数えられている*7

福部神社・金刀比良神社・大國主神社・白太夫神社


筑紫天満宮の右側には、福部神社・金刀比良神社・大國主神社・白太夫神社の4社が相殿として1つの屋根の下に並んで鎮座している。
由緒書等はないため詳細は不明だが、神社名からすると御祭神は十川能福*8・大物主命・大国主命・渡会春彦*9だろうか。

稲荷大明神


4社相殿の右側には、稲荷大明神の社が鎮座する。
稲荷大明神が祀られていることは分かるが、由緒等は不明。

猿田彦神社


稲荷大明神の右側は猿田彦神社だ。
名前からし猿田彦命を祀るらしいことは分かるが、こちらも由緒等は不明だ。

辨財天


一番右側には辨財天の社が祀られている。
ここも辨財天が祀られる以外は詳細不明。

五條天神宮
住 所:京都市下京区天神前町351-2
御祭神:大己貴命少彦名命天照大神
社祠等:筑紫天満宮(御祭神:菅原道真公)
    稲荷大明神(御祭神:稲荷大明神
    辨財天(御祭神:辨財天)
    他多数
創 建:794年
H P:京都観光Navi「五條天神宮」

脚注

*1:京都観光Navi「五條天神宮」参照。

*2:藤田由章『京都神社誌』(社寺研究会、1934年)55頁

*3:同書、55頁

*4:義経記』(岩波文庫、2020年第8刷)79頁

*5:検索したが不詳。五摂家二条家の人物か?

*6:藤田、前掲書、55頁

*7:藤田、前掲書、46頁

*8:菅原道真公の従者で、金運や開運の神とされる。

*9:伊勢神宮の神官で菅原道真公の養育係。