燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

北海道内に居ります。

スカディ神、ウル神、ブランデージ神を祀る札幌藻岩山スキー神社

道内巡り記事一覧
神社巡り記事一覧
 
 

札幌藻岩山スキー神社へ

藻岩山スキー場の近くに、女神スカディを祀る神社があるという噂を聞いて、実際に見に行ってきました。
場所としては藻岩山スキー場の駐車場のすぐ下、雪友荘という建物の向かい側です。
 

f:id:hayabusa8823:20190317002926j:plain
敷地には入れない
まず現地へ行って分かったことですが、神社のある敷地へはロープが張られており、入ることが出来ません。
 
f:id:hayabusa8823:20190317002949j:plain
ギリギリ見える
ロープの外からは、かろうじてその姿を見ることが出来ます。
「札幌藻岩山スキー神社」の看板もギリギリ見えます。
こうなっては已むを得ないので、その場から遥拝しました。
 
f:id:hayabusa8823:20190317003833j:plain
社殿
この神社の御祭神はブランデージ五輪の神、ウル、スカディの3柱です。
ブランデージ五輪の神というのは、札幌五輪の立役者でIOC会長も務めたアベリー・ブランデージ*1のことです。
ウルとスカディは言うまでもなく北欧神話のスキーの神です。
北欧神話の神を祀る神社なんて、ここと藻岩山中腹の藻岩山神社(御祭神は伏見稲荷大神、ウルの神様、レルヒの神様*2、ブランデージの神様の4柱)くらいではないでしょうか。
 
建立については、「北海タイムス*3の1979年4月16日の札幌版*4に、特集記事が載っています。
この記事によると、この神社はアマチュアリズムを信奉したブランデージ氏を敬愛して建立されました。
1975年にブランデージ氏が亡くなった頃より建立の構想があったようです。
御神体はブランデージ五輪の神はオリンパスの丘の石、ウルがエベレスト山頂の石、スカディがエベレスト8,380m付近の石とのこと。
また、安全祈願とスキー事故犠牲者の慰霊の意味もあるのだそうです。
 

【札幌藻岩山スキー神社】
住 所:北海道札幌市南区藻岩下
御祭神:ブランデージ五輪の神、ウル、スカディ
末社等:無し
創 建:1979年頃
H P:無し
 

 
 
正直なことを言えば、某ゲームでスカディには馴染み深いので、参拝しておきたかったというのはありますね。
 
さて、今回は以上。
 

脚注

*1:彼の悪評については、ここでは敢えて触れないこととします。

*2:日本にスキーを伝えたオーストリア=ハンガリー帝国軍人・レルヒ中佐のこと。

*3:かつて北海道で発行されていた地方紙。1998年廃刊。

*4:札幌市中央図書館にて記事を確認。どうやら札幌版にしか掲載されていないようです。