燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

まちなか交流館敷地内の詳細不明の神社

道内巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
 
 

はじめに

今回は苫小牧市内の「まちなか交流館」敷地内にある詳細不明の神社と長寿山地蔵尊について。
 

まちなか交流館


まちなか交流館は苫小牧駅から南東に少し行った所にある苫小牧信用金庫本店の真横にある。
自分が行った時は閉まっていたので分からなかったけど、どうやら足湯や手湯があるらしい*1
 

縁結びの鈴と謎の神社



敷地内に「縁結びの鈴」という願掛けスポットがあり、実際に鈴が設置されている。
その鈴の真後ろに、賽銭箱まで備えた真っ赤な社殿が鎮座している。
縁結びの神様が祀られているだろうことは容易に想像が付くけど、全く由緒書等が見当たらない。
特に扁額もないので、何という社なのかや誰が祀られているのかは全く分からなかった。
 

長寿山地蔵尊



敷地内には長寿山地蔵尊堂も鎮座している*2
ここには長寿山石で出来た長寿山地蔵尊と、長寿山石の塊、そして石碑が置かれている。
石碑には、苫小牧市と中国・秦皇島市が友好都市であることや、秦皇島市が長寿山石の産地であること等が書かれている。
 

縁結びの陰陽石


ところで長寿山地蔵尊堂の前には、縁結びの陰陽石なるものが地面に埋め込まれている。
 

まず男性は女石(上の写真の石)を踏む。
 

女性は男石(上の写真の石)を踏む。
 

そして地蔵尊の前にある両性合体石(上の写真の石)を踏むと縁結びの願掛けが叶うらしい。
陰陽石を踏んで願掛けというのは初めて聞いたけど、他の地域にもあるんだろうか。
 

【神社(神社名不明)】
住 所:北海道苫小牧市表町3-1-6 まちなか交流館敷地内
御祭神:不明
社祠等:長寿山地蔵尊堂(御本尊:長寿山地蔵尊
建 立:不明
H P: http://www.tomashin.co.jp/h_gaiyou.html#7
 

 

脚注