燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

東京ドームシティの中の錦秋稲荷社

東京・関東巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
 
 

はじめに

今回は東京ドームシティの遊園地の中のお稲荷さんについて。
 

錦秋稲荷社



東京ドームは日本を代表する野球場であり、その周辺には遊園地やスパ、商業施設などが広がっている。
その遊園地の中に今回紹介する神社が鎮座している。
 



これがその錦秋稲荷社だ*1
由緒書には書かれていないが、その名の通り稲荷大明神を祀るものと思われる。
元々は江戸幕府第3代将軍・徳川家光が従弟の徳川光圀*2の小石川の邸宅に寄進したとのことなので、創建は17世紀ということになる。
水戸家の邸宅の跡地は後に陸軍の東京砲兵工廠、小石川区裁判所、文京区役所・講道館と変遷するも錦秋稲荷社はずっと祀られていたけど、放射9号線の道路工事の際には流石に遷座を余儀なくされ現在地に遷ったとのこと。
またかつては神社の背後に椎の木があったため「しいの木稲荷」とも呼ばれたらしい。
 

【錦秋稲荷社】
住 所:東京都文京区小石川1-3-61
御祭神:錦秋稲荷大明神
社祠等:無し
建 立:17世紀
H P:無し
 

 

脚注

*1:「錦秋」とは「錦の如く美しく色付いた秋」という意味。

*2:水戸黄門として有名な水戸藩第2代藩主。