燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

河原町の岬神社(土佐稲荷)と祇園の壹錢大明神

関西巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧

 

はじめに

最近は仕事が忙しかったので久しぶりの更新。
今回は河原町の辺りにある岬神社と、八坂神社に向かう途中にある壹錢大明神について。
 

岬神社(土佐稲荷




岬神社は通称を土佐稲荷といい、河原町通から路地に入ってすぐのところに鎮座している。
御祭神は倉稲魂命と石栄神(せきえいのかみ)*1掲示によれば、御利益は諸業繁栄と災厄除けらしい。
土佐稲荷という通称は、元々鴨川の中洲に建っていた祠を土佐藩の屋敷内に遷座したためであるらしい。
大正2年(1913年)に現在地に遷座
 

土佐藩の屋敷内に遷座してからは土佐藩士の崇敬も篤かったため、坂本龍馬らも詣でていたとされる。
その縁もあってか、境内には坂本龍馬像も建立されている。
 

【岬神社(土佐稲荷)】
住 所:京都府京都市中京区備前島町317
御祭神:倉稲魂命・石栄神
社祠等:無し
建 立:室町時代初期
H P:無し
 

 

壹錢大明神



四条大橋を渡って八坂神社方面へ向かう途中の交番の隣に壹錢洋食という洋食店がある。そこの建物に併設されているのが壹錢大明神だ。
 

境内(という言い方で良いのかは分からないけど、便宜上そう呼ぶことにする)にはビリケンさんも祀られている。
 


また他にも福助やら達磨やら、縁起物がこれでもかというくらい並べられている。
神社の詳細は不明だけど、やたらと運が良くなりそうではある。
 

【壹錢大明神】
住 所:京都市東山区祇園町北側238
御祭神:壹錢大明神
社祠等:ビリケン
建 立:不明
H P:https://issen-yosyoku.co.jp/
 

 
今回は以上。
次回は日本・中国・西洋の医薬神大集合な薬祖神祠へ。
 

脚注

*1:石栄神については詳細不明。