燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

豊平区の月寒神社

道内巡り記事一覧
社祠巡り記事一覧
 
 

はじめに

今回は2016年に参拝した、札幌の月寒神社について。
 

月寒神社


市営地下鉄東豊線美園駅から真南の辺りに月寒公園の敷地が広がっている。
公園内は望月寒川が流れていたり、ボート池があったり、野球グラウンドが2つあったりとかなり大きな公園だ。
 


その月寒公園に隣接する形で、今回の月寒神社が鎮座している。
 


月寒神社では市杵島姫命倉稲魂命大山祇命宇摩志麻遅命の四柱を祀っている。
御利益は市杵島姫命が交通安全・縁結びの守護、倉稲魂命が商売繁昌・衣食住の守護、大山祇命が山林の守護、宇摩志麻遅命が家内安全・繁栄・勝利の守護となっている。
 
月寒神社は明治17年1884年)に広島からの入殖者が厳島神社と稲荷神社を勧請して豊平村の西山通(現在の福住厳島神社の鎮座地)に祀って西山神社と称したことに始まる。*1
明治36年(1902年)頃になって月寒村に神社が遷座*2大正7年(1918年)に現在地に更に遷座したらしい。
 

【月寒神社】
住 所:北海道札幌市豊平区月寒西3条4-1-56
御祭神:市杵島姫命倉稲魂命大山祇命宇摩志麻遅命
社祠等:無し
創 建:1884年
H P:無し
 

 

脚注

*1:福住厳島神社の由緒書による。

*2:福住厳島神社の由緒書に「当時の事情により」とあるので、もしかしたら何か揉めたのかもしれない。