燈蓮寺伽藍堂 -RISING FALCON-

神社やら、旅行やら、過去の事やら。

Tokyo, Go! その7:秋葉原の花房稲荷神社と講武稲荷神社、そして夢の跡

東京・関東巡り記事一覧
神社巡り記事一覧
 
 
Tokyo, Go!
その1:日本橋、情け有馬の水天宮
その2:鳩森八幡神社に富士山を見た
その3:東郷神社は原宿のど真ん中に
その4:八代龍王社と八代龍王社元宮
その5:早大の向かいの穴八幡宮
その6:神楽坂寺社巡り~神保町へ
その7:秋葉原の花房稲荷神社と講武稲荷神社、そして夢の跡
その8:神田明神と湯島聖堂
その9:狸像が可愛い柳森神社
その10:沖田総司も参拝、ヒルズ近くの櫻田神社
その11:出雲大社は六本木駅徒歩1分の場所に

 

はじめに

お久しぶりです。
最近色々忙しくて、間が開いてしまいました。
 
ところで、水天宮の記事穴八幡宮の記事について、境内社の追記を行いました。
 
さて、今回は秋葉原にある花房稲荷神社と講武稲荷神社、そしてかつて存在した秋葉原神社について書いて行きます。
 

知る人ぞ知る、秋葉原の花房稲荷神社


秋葉原のメインストリートには様々な店舗が並んでいますが、今回の神社は「リバティー4号店」の辺りにあります。
店の横には路地があるので進むと、リバティーの店舗裏口が見えてきます。
 

f:id:hayabusa8823:20190304035122j:plain
リバティー裏口
f:id:hayabusa8823:20190304035129j:plain
裏口から進んだ場所にある路地
この裏口の前には、よく見るとかなり細い路地があることに気付くかと思います。
そこを進むと左手に突然神社が現れます。
 
f:id:hayabusa8823:20190304035135j:plain
社殿
これが花房稲荷神社です。
扁額には「花房神社」とありますが、千代田区のHPによると「花房稲荷神社」とのことです。
 
御祭神は、稲荷神社なので倉稲魂命でしょうか。
社殿の前には小さな狐の像があります。
特に由緒書などはありません。
 

【花房稲荷神社】
住 所:東京都千代田区外神田4-4-5
御祭神:倉稲魂命
末社等:無し
創 建:江戸時代
H P:無し
 

 

狐の像が可愛い講武稲荷神社

f:id:hayabusa8823:20190304035142j:plain
社殿
秋葉原の西の方には講武稲荷神社があります。
御祭神は宇之御魂命*1です。
御神体は、一説に運慶の作だと伝わっているようです。
 
由緒書の掲示は以下の通り。

 講武稲荷神社縁起由来(町会所有)
 
 当社は旅籠町三丁目にあり 安政四年の鎮座にして神体は宇之御魂命なり 一説に運慶作なりと伝ふ 昔時大貫伝兵衛なるなるもの当講武所附属地の払下を出願し其の許可を得んが為め浅草橋場なる長昌寺に安置せる此稲荷神社に参詣し 祈念怠ざりしかば遂に安政三年五月二十二日を以て 払下免許となりたる由 これが為翌年社祠を造営し其の本体を橋場より本社に移したるを以て創始として居る今尚ほ毎年五月二十二日を大祭日としてゐる。
 尚段の社域は大正一二年の震災の際焼失せるも其後区画整理により現在地に安置せられたり 一般に火伏せの神なりと其の霊の灼さを伝へられ更に此の火伏護神と共に花街の繁昌に貢献顕著だと伝ふので近隣の三業関係人は勿論遠く向島辺から参詣人が多く時ならぬ賑やかさも有りと申されて居る。(古文のまゝ)
 戦災で復興・昭和五十五年改装・このたび銅板にて由来板を新装しました。

 
          外神田旅籠町会
 
  平成六年二月初午

 
また、『神田明神のこころ』という神田明神宮司さんが書かれた本の88頁によれば、神田明神末社であるとのことです。
 

f:id:hayabusa8823:20190304035149j:plain
狐の像
境内階段横の岩の上には、狐の像が3体置かれています。
中々に可愛いです。
 

【講武稲荷神社】
住 所:東京都千代田区外神田1-9
御祭神:宇之御魂命
末社等:無し
創 建:不明
H P:無し
 

 

1年ちょっとの夢の跡、旧・秋葉原神社

f:id:hayabusa8823:20190304035416j:plain
秋葉原神社跡地
秋葉原の名を冠した神社が2016年5月にオープンしました。
その名もズバリ「秋葉原神社」。
 
f:id:hayabusa8823:20190304035423j:plain
在りし日の秋葉原神社
f:id:hayabusa8823:20190304035429j:plain
神社の紋
上の写真は2017年5月8日撮影の秋葉原神社です。
神社の紋は菊紋に卍。
さてこの秋葉原神社、不要になったフィギュアの供養を全面的に打ち出していました。
そのため、神社の内部にはフィギュアが大量に並んでいた覚えがあります。
それ以外にも巫女さんと写真を撮れるサービスやら、アイドルの仮面女子とのコラボやらと積極的に色々なことをやっていたのが印象的でした。

御祭神は天照弥勒大神*2、天宇受売命*3、宇迦之御霊神の3柱。
 
ところでこの神社、実は平安教団という教団の別宮でした。
詳しくは秋葉原神社のHPの説明の通り。
 
そんな秋葉原神社でしたが、2017年6月30日をもって閉鎖となってしまいました。
当時のHPではどこか違う場所を探して再開を模索しているようでしたが、2019年3月4日現在、全く情報を耳にしません。
跡地は外観こそそのまま残っていますが、中身は巫女喫茶になっているようです。
 

秋葉原神社跡】
住 所:東京都千代田区外神田1-6-1 外神田ビル 1階
御祭神:天照弥勒大神、天宇受売命、宇迦之御霊神
末社等:無し
創 建:2016年5月
閉 鎖:2017年6月30日
H P:http://akihabarashrine.jp/
 

 
さて、今回の記事は以上。
次回は江戸総鎮守・神田明神についてです。
 

脚注

*1:由緒書による。これで「うかのみたまのみこと」と読んでいるのか、単純に「宇迦之御魂命」の誤植なのかは不明。

*2:天照大神弥勒菩薩が融合した神様らしいですよ、よく知りませんが。

*3:岩戸隠れの際に踊った神。猿女氏の祖。